1992年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国議会議事堂(ビッグベン)

1992年イギリス総選挙(1992ねんイギリスそうせんきょ、英語:United Kingdom general election, 1992)は、イギリス議会(正式名称:グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会)の下院議員を選出するために1992年4月に行われたイギリス庶民院総選挙である。

選挙の概要[編集]

1979年以来首相の座にあったサッチャー首相が退陣し、その跡を継いだメージャー首相率いる保守党と、支持を回復しつつあった労働党(党首:キノック)の間で、激しい選挙戦が展開された。選挙戦では、労働党優位が伝えられていたが、保守党が過半数の議席を守り政権を維持した。

選挙日程[編集]

選挙結果[編集]

  • 投票日1992年4月9日
  • 投票率:77.7%
  • 有効得票総数:33,614,074
  • 庶民院議席数:651議席
  • 候補者数:2,494名
党派別議席数及び得票数・率
党派 得票 % 候補者 議席数
保守党
(Conservative Party)
14,093,007 41.9 645 336
労働党
(Labour Party)
11,560,484 34.4 634 271
自由民主党
(Leberal Democratic Party)
5,999,906 17.8 632 20
アルスター統一党(UUP) 271,049 0.8 13 9
プライド・カムリ(PC) 157,696 0.5 38 4
社会民主労働党(SDLP) 184,445 0.5 13 4
民主統一党(DUP) 103,039 0.3 7 3
スコットランド国民党(SNP) 629,564 1.9 72 3
英国連合党(UKUP) 19,305 0.1 1 1

出典:英国下院資料“General Election Results, 9 April 1992”を引用して作成した。なお、議席を獲得できなかった政党については省略した。

労働党は、マスコミの世論調査で選挙直前まで優位な状況が続き、政権奪回も不可能ではないとされていた。しかし、投票箱の蓋を開けてみれば、労働党は得票率・議席数共に前回より増やしたものの、与党・保守党はそれを上回る健闘を見せ、安定多数の議席を確保し、引き続き政権を維持することになった。これは「労働党が政権を握った場合、再び増税するのではないか」、「労働組合党」、「ストライキ礼賛の党」、「福祉偏重の党」といった労働党へのマイナスイメージが中産層を中心に根強く残っており、結果、それらの人たちの多くが保守党に投票したことが保守党勝利につながったと考えられた。特にこの傾向は、都市郊外に住む持ち家を有し比較的安定した生活基盤人を持っているホワイトカラーや技能労働者層が多く居住しているイングランド南部で顕著に示され、この地域に割り当てられている177議席のうち、野党・労働党はわずか12議席、比較的成績が良好だったロンドンを加えても261議席中45議席に留まった。労働党が過去4回の総選挙で敗北を続けた責任をとって、キノック党首は辞任し、後任に影の内閣の蔵相であるジョン・スミスが党首に就任し、政権奪回に向けた取り組みを進めたが、1994年5月心臓発作で急死した。そして、スミス党首の跡を継いだトニー・ブレアの下で政権を担いうる幅広い国民に支持されるための労働党へ改革する取り組みが本格的に進められることとなった。

この選挙では、陸上競技選手でオリンピック金メダリストのセバスチャン・コー(保守党)や、アカデミー主演女優賞を受賞したことがある女優グレンダ・ジャクソン(労働党)が当選している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 1992年4月11日朝日新聞6面(縮刷版1992年4月号554頁)

出典[編集]

関連項目[編集]