ニール・キノック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ニール・キノック
Neil Kinnock
Kinnock, Neil.jpg
生年月日 1942年3月28日(72歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス ウェールズ トレデガー
出身校 カーディフ大学
前職 ジャーナリスト
所属政党 労働党
親族 ヘレ・トーニング=シュミット(デンマーク首相)
配偶者 グレニス・キノック

イギリスの旗 影の首相
任期 1983年10月2日 - 1992年7月18日

イギリスの旗  影の教育大臣
内閣 影のマイケル・フット内閣
任期 1979年5月4日 - 1983年10月2日
テンプレートを表示

キノック男爵ニール・ゴードン・キノック(Neil Gordon Kinnock, Baron Kinnock, 1942年3月28日 - )は、イギリスの政治家である。英国枢密顧問官1970年から1995年まで英国議会の議員であり、1983年から1992年まで野党指導者であり、労働党党首であり、1992年の総選挙で敗北すると辞任した。

その後は1995年から2004年まで欧州委員会のイギリス代表を務め、現在はブリティッシュ・カウンシルの議長である。カーディフ大学の学長でもある。 彼の息子スティーブンの妻は、デンマーク首相のヘレ・トーニング=シュミットである。

経歴[編集]

前半生[編集]

一人っ子だったキノックは、ウェールズトレデガーに生まれ、父親は炭鉱夫、母親は看護婦であった。1953年イレヴンプラスの試験に合格して、ペンガムルイス校に入学した。1958年に英語と歴史、地理の3つでOレヴェルを獲得した。そこで学校を卒業し、炭鉱、警察、軍で働いた。両親はもっと教育が必要と考え、息子に決心させた。1959年、更に生物、数学、ウェールズ語、経済、英文学でOレヴェルを獲得した。1961年に更に上級の段階を獲得した。

工業関係と歴史で文学史を取得するためにカーディフ大学に入学した。1964年に最終学年で落第し、1965年に及第した。1年後、キノックは教育学で修士号を得て、1966年8月から1970年5月までWEAのために講師を務めた。

下院議員[編集]

1969年6月、南ウェールズベドウェルティ選挙区(後のイスルウィン選挙区)の労働党候補になった。1970年6月18日に当選し、1978年10月に労働党全国執行委員会National Executive Committee)委員になった。初めて議員になると、父親は「忘れるな、ニール、議院は議員のためにあるのではないが、原則論に拘ってもいけない」と言った。当時の労働党政権の政策は、ウェールズへの権限委譲を進めていたが、党は分裂していた。キノックは権限委譲に反対する南ウェールズ選出の議院6人の一人であった。1979年のウェールズの国民投票で、委譲案は否決された。

1979年の総選挙で労働党が敗北すると、ジェームズ・キャラハンは教育問題で影の内閣入閣を申し入れた。他の議員達は、キノックが野心を秘めた政治家であることに気づいた。デイヴィッド・オーエンDavid Owen)らが、党の意思を決定する選挙の方法変更に反対したのは、キノックの後継に関して彼らが好意的だったとこと関係していると考えられている。

キノックは左翼として知られ、マーガレット・サッチャーフォークランド紛争に対する攻撃で有名になった。また、党内左派の領袖・マイケル・フットの懐刀としても知られていた。

労働党党首時代[編集]

1983年の党首選挙で圧倒的な支持を得て、労働党党首に就任。 Spitting Imageで繰り返されたイメージであるプラベート・アイ誌から「ウェールズの鞴」と渾名され、保守党からは「キノッキオ」と渾名され、キノックは長らく政権から遠ざかっている労働党にあってその指導は報われることはなかった[1]

第1期 (1983年 - 1987年)[編集]

彼の党首としての第1期目(1983年 - 1987年)は、強硬右派との闘争であったと位置づけられる。ただ、キノック自身も左派の出身であり、彼の作った影の内閣には、かつての左派の同志たちも多数入閣していた。

注釈[編集]

  1. ^ Welsh Icons - Politicians:Neil Kinnock

参考[編集]

議会
先代:
ハロルド・フィンチ
Bedwellty選挙区選出
1970年1983年
次代:
(廃止・改名選挙区)
先代:
(新設)
Islwyn選挙区選出
1983年1995年
次代:
Don Touhig
公職
先代:
マイケル・フット
影の首相
1983–1992
次代:
ジョン・スミス
先代:
カレル・ファン・ミールト
欧州委員会運輸担当委員
1995–1999
次代:
ロジョラ・デ・パラシオ
先代:
新設
欧州委員会行政改革担当委員
1999–2004
次代:
シーム・カラス
先代:
レオン・ブリタン
欧州委員会副委員長
1999–2004
次代:
ギュンター・フェアホイゲン
党職
先代:
マイケル・フット
労働党党首
1983–1992
次代:
ジョン・スミス
先代:
シド・ティアニー
労働党 全国執行委員会議長
1987–1988
次代:
デニス・スキーニル

外部リンク[編集]