ウィリアム・アダムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・アダムソンWilliam Adamson1863年4月2日 - 1936年2月23日)はスコットランド労働運動家、政治家労働党党首1917年 - 1921年)、スコットランド担当大臣1924年1929年 - 1931年)などを歴任。

生い立ち[編集]

ダンファームリンファイフ生まれ。地元の小学校を卒業後鉱夫として働き、全国鉱山労働者組合に加入。1902年から1908年までファイフ・キンロス・クラクマナン鉱夫組合の副書記長を務める[1]

政歴[編集]

労働党の活動家を経て、1910年12月の総選挙の西ファイフ選挙区に同党から出馬し初当選[2][3]、1917年から1921年にかけて党首となる[1]。この間1918年には枢密院[4]、1924年スコットランド担当大臣に就任[1][5]、1929年から1931年までラムゼイ・マクドナルド首班とする労働党連立政権下で同大臣を再任する[1][6]

しかし、挙国一致内閣成立以後マクドナルドと袂を分かち、1931年の選挙で落選の憂き目に遭う[1]1935年の選挙に再度出馬するも当選には至らなかった。

1936年2月23日死去。72歳。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Torrance, David, The Scottish Secretaries (Birlinn 2006)
先代:
アーサー・ヘンダーソン
イギリス労働党党首
1917年 - 1921年
次代:
ジョン・ロバート・クラインス