ロブスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロブスター属
Lobster NSRW.jpg
アメリカン・ロブスター
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : ホンエビ上目 Eucarida
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目)
Pleocyemata
下目 : ザリガニ下目 Astacidea
: アカザエビ科 Nephropidae
亜科 : アカザエビ亜科 Nephropinae
: ロブスター属 Homarus
Weber, 1795
英名
Lobster
2種(本文参照)
ロブスター(northern, raw)
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 324 kJ (77 kcal)
炭水化物 0 g
- 糖分 0 g
- 食物繊維 0 g
脂肪 0.75 g
- 飽和脂肪酸 0.181 g
- 一価不飽和脂肪酸 0.22 g
- 多価不飽和脂肪酸 0.296 g
タンパク質 16.52 g
- トリプトファン 0.215 g
- トレオニン 0.654 g
- イソロイシン 0.723 g
- ロイシン 1.197 g
- リシン 1.24 g
- メチオニン 0.413 g
- シスチン 0.181 g
- フェニルアラニン 0.68 g
- チロシン 0.586 g
- バリン 0.741 g
- アルギニン 1.524 g
- ヒスチジン 0.413 g
- アラニン 0.878 g
- アスパラギン酸 1.602 g
- グルタミン酸 2.437 g
- グリシン 1.102 g
- プロリン 0.741 g
- セリン 0.637 g
水分 80.95 g
ビタミンA相当量 1 μg (0%)
- βカロテン 0 μg (0%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 0 μg
ビタミンB1 0.02 mg (2%)
ビタミンB2 0.014 mg (1%)
ビタミンB3 1.591 mg (11%)
パントテン酸(ビタミンB5 1.449 mg (29%)
ビタミンB6 0.104 mg (8%)
葉酸(ビタミンB9 10 μg (3%)
コリン 70.3 mg (14%)
ビタミンB12 1.25 μg (52%)
ビタミンC 0 mg (0%)
ビタミンD 1 IU (0%)
ビタミンE 0.87 mg (6%)
ビタミンK 0 μg (0%)
カルシウム 84 mg (8%)
鉄分 0.26 mg (2%)
マグネシウム 38 mg (10%)
マンガン 0.056 mg (3%)
セレン 63.6 μg (91%)
リン 161 mg (23%)
カリウム 200 mg (4%)
塩分 423 mg (18%)
亜鉛 3.53 mg (37%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ロブスター: Lobster[† 1])は、狭義にはエビ目(十脚目)・ザリガニ下目・アカザエビ科(ネフロプス科)・ロブスター属 (Homarus) に分類される甲殻類2種を指す。

ザリガニ下目、ひいてはエビ類としても最大級の大きさで、西洋料理では高級食材として扱われる。食材名としては「オマール」(: Homard[† 2])、「オマール海老」、「オマールロブスター」、「ウミザリガニ」とも呼ぶ。

広義の「ロブスター」は、イセエビアカザエビなども含めた大型の歩行型エビ全般を指す総称で、淡水産ザリガニ類のマロンや、鑑賞用に飼育されるショウグンエビ類(アナジャコ上科アナエビ科に属し、ザリガニ下目ではない)なども含む。ちなみにイセエビ類は英語でスパイニーロブスター("Spiny lobster"、棘のあるロブスター)と呼ばれる。

種類[編集]

アフリカ南岸には類似種のケープ・ロブスター Homarinus capensis (Herbst, 1792) が分布し、これも「ロブスター」として流通することがあるが、市場に出る量は少なく、味も劣るとされている。かつてはこの種もロブスター属に分類されていたが、1995年に一属一種で ホマリヌス属が設定された。

特徴[編集]

体長は50cmに達するが、アメリカン・ロブスターは体長120cmに達する個体が漁獲されることもある。

ザリガニ類の例に漏れず、第一歩脚が強大な鋏脚となっている。フランス語名オマール (Homard)、ドイツ語名フンメル (Hummer) はいずれも「ハンマー」の意で、鋏脚がハンマーのように見えることに由来する。ただしこの鋏脚は専ら威嚇に用い、生活孔を掘ったり、餌を採ったりするのは口元の小さな顎脚を用いる。

鋏脚の関節部には数個のがあるが、体には棘が少なく、体表はわりと滑らかである。2対の触角のうち第二触角は体長よりも長い。体色は暗赤色、灰色から薄い黄色など様々あるが、これは生息する岩場の環境に関係すると言われ、全身が美しい青紫色の個体も存在する。

浅い海の岩礁や砂礫底に孔を掘って単独生活をする。寿命は極めて長く、推定年齢100年程のものも発見されたことがある。

2009年1月9日、ニューヨークでレストラン『シティー・クラブ・アンド・シーフード』を営むキース・バレンティが入手した体重9キロのロブスターが海に返された。バレンティによると、ロブスターの年齢は体重から概算できるとしており、それによるとこのロブスターは約140歳と推定されるという。

利用[編集]

籠漁などで漁獲される。ロブスターは獰猛で、仲間同士傷つけ合うことも珍しくないため、水揚げされたロブスターはすぐにゴムバンドで鋏脚を固定され、そのまま市場に出回る。

の入った卵巣珊瑚色をしているためフランス語でコライユ (Corail)、英語でコーラル (Coral) と呼ばれる。ここから良い味が出るため、料理人は特に産卵前の雌を求める。産卵して卵を腹部に抱えているロブスターの卵巣は小さく縮んでおり、目につきにくい。カニなどの「みそ」にあたる中腸腺も賞味される。

肉は白く、イセエビよりも弾力があり、むしろタラバガニに近い質感をしている。洋風料理では、茹でるか蒸すかしてレモン汁や溶かしバターをつけて食べるほか、縦に半割りしてグリルまたはローストされる。ビスクというスープにすることもある。流通網が発達した20世紀末頃からは日本にも輸入されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イギリス英語発音:/ˈlɒbstə(r)/ ブスタ(ー)、アメリカ英語発音:/ˈlɑːbstər/ ラーブスター
  2. ^ フランス語発音: [ɔmaːʁ] オマール

参考文献[編集]

関連項目[編集]