レッドロブスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドロブスター ハウステンボス店
レッドロブスター 沖縄国際通り店

レッドロブスター (Red Lobster) は、アメリカフロリダ州レイクランドで創業した、ロブスターを主体としたシーフードレストランチェーンアメリカカナダアラブ首長国連邦日本に展開している。

日本では、株式会社セリュックスホールディングスの子会社であるレッドロブスタージャパン株式会社が展開する。


アメリカ本社[編集]

1968年にビル・ダーデンとチャーリー・ウッズビーが、アメリカフロリダ州レイクランドで創業。ダーデンがフロリダで最も内陸に位置するレイクランドを選んだのは、内陸でシーフードレストランが成功するかどうか試してみたかったからだという。ダーデンのレッドロブスターは成功し、事業は1970年には州内で3店に拡大し、もう2店が建設中だったが、それ以上の拡大を続ける資本がなかったためにアメリカの食料品大手のゼネラル・ミルズ社の子会社となる。ゼネラル・ミルズ傘下でレッドロブスターはよりカジュアルで家族連れに対応したレストランへと内容を切り替え、全米にチェーン展開した。1995年オリーブガーデンなどと共にダーデン・レストランツ社傘下となり、ゼネラル・ミルズ社からは独立した。現在の本社は同州オーランドにあり、全米で700店舗を運営。アメリカ国内のレッドロブスターはすべて直営店で、フランチャイズ展開はされていない。


日本法人[編集]

日本では、1981年ジャスコ株式会社(現:イオン株式会社)が、米国ゼネラル・ミルズ子会社のレッドロブスターと業務提携。日本での店舗展開を行う。1987年11月28日にはレッドロブスタージャパン株式会社を設立。1995年前頃まで、「イン・ザ・ムード」をBGMとした陽気なテレビCMが頻繁に放送されていた。

デニーズロイヤルホストなどの大手ファミリーレストランより商品単価が高いシーフード主体で営業を行うが、それら店舗と同様にロードサイド中心の出店で事業をしていたため、平成不況により客足が遠のき、業績不振となり債務超過に陥った。2002年2月20日に株式会社レインズインターナショナル(現在のレックス・ホールディングス)が全株式を取得して子会社化し、イオングループからレックスグループの企業となる。看板は青地に赤文字でロブスターのイラストが描かれたものから、現在のアメリカと同様の濃紺地のCGデザインによるものへ改められ、一部店舗はダイニングレストラン風に順次改装あるいはスクラップ・アンド・ビルドによる新規出店が行われた。

2005年5月2日に株式会社レインズインターナショナルレックス・ホールディングスに商号変更)が持株会社制に移行する際に、株式会社アートフードインターナショナル(株式会社レインズインターナショナルに商号変更)に吸収合併される。その後、レインズインターナショナルが運営する他業態へ転換された店舗もある。

2011年1月1日レックス・ホールディングスがレッドロブスター・ジャパンの全株式を株式会社セリュックスへ譲渡。2011年に沖縄国際通り店、2012年に沖縄北谷店、ハウステンボス店をオープンさせた。2013年7月1日株式会社セリュックスが株式会社セリュックスホールディングスに商号変更。


事業[編集]

東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県山梨県愛知県沖縄県長崎県の1都9県で店舗展開している。

北米にのみ生息するアメリカン・ロブスターをカナダ・クリアウォーター社と提携して生きたまま空輸するなど、従来のファミリーレストランより高級感を売りにしたサービスを行っている。

集客コンセプトの違う「シーサイド」「施設」の出店を行うことで、お客様は地元の「レッドロブスター」に戻っていくという考えのもと、セリュックス傘下入り後はシーサイドと施設への出店を積極的に行っている。


主なメニュー[編集]

ライブロブスター[編集]

厳格な基準(ライセンス・漁時期・漁場)が定められたカナダ産のロブスターを使用。カナダ・クリアウォーター社より生きたまま空輸されている。各店舗のロブスター専用のタンクに毎週送られる。店舗では「温度・水質・塩分濃度」の管理を徹底し、カナダ・ハリファックスの海を再現している。ライブロブスターは注文を受けてから調理される。

※カナダ産ロブスターはライセンス制のため、誰でも獲れるものではない。また国の厳しい管理の中「漁」から「保管」まで1尾ずつ厳格に管理される。漁は年2回の一番美味しい時期「春漁」「秋漁」でしか行われず、資源保護・品質保護は国の高い基準がある。世界中のレストランからも高い評価を受けている。

ライブロブスターのジャンボサイズ(2~7ポンド)の予約も行っており、注文から2週間以内にカナダより直送される。

  • ライブロブスター (スチーム、オーブン焼き、スパイス焼き、黄金焼き、豆板醤


フレッシュシーフード[編集]


ホットアペタイザー[編集]

  • モア シュリンプ
  • チョッピーノ
  • ムール貝の白ワイン蒸し(ハーブガーリックバター)


クラブ(カニ)[編集]


アメリカングリル[編集]

  • ロブスターテールグリル&ローストビーフ (数量限定)
  • ロブスターテールグリル&アメリカンステーキ(200g)
  • レッドロブスターコンビプレート


ライスパスタ[編集]


セットコース[編集]

  • レッドロブスターセット (人気メニューのロブスター&ステーキを楽しめるセット)
  • ライブロブスターコース (ライブロブスターを楽しめるコースメニュー)


デザート[編集]

  • アップルコブラwithバニラアイスクリーム

レッドロブスターでロングセラーのデザート。


ドリンク[編集]

  • レッドロブスターブレンドコーヒー

 1878年サンフランシスコ創業の老舗ブランド「ヒルスコーヒー」を使用。「食べながら飲む」がコンセプトのイートコーヒー。

 ラズベリーの香りとクランベリーの酸味が絶妙のレッドロブスターオリジナルティー。

  • ヴァージンカシスソーダ

 すっきりとしたカシスとソーダのノンアルコールカクテル


イベント[編集]

  • ロブスターの日

セリュックスホールディングスの傘下となってから、2011年6月2・12・22日の3日間を「ロブ(6と2)の日」と題し、ライブロブスターを半額で販売するイベントが行われた。これが好評を博し、現在は毎月2・12・22日を「ロブスターの日」とし、この日は生ビールジョッキを半額にするなどのサービスを行っている。

※現在はライブロブスター半額サービスは行っていないが、レッドロブスターカードに1万円チャージするとライブロブスター(レギュラーサイズ)の半額券をプレゼントするサービスを行っている。


  • カニ曜日

毎週火曜日は「カニ曜日」とし、ズワイガニの増量と、デザートのアップルコブラを2倍増量したサービスを行っている。


過去の主なフェア[編集]

レインズ傘下の時代は、牛角とのコラボレーションと銘打って、米国産牛肉ステーキを取り扱うなどのイベントが行われていた。


ニュージーランド大使館、ニュージーランド政府観光局、ニュージーランド航空とタイアップ。ニュージーランドの食材を使用したメニューを提供した。


  • スターシェフ×レッドロブスター(2012年2月~2013年2月)

レッドロブスターの日本上陸30周年を記念して行われたフェア。4名のスターシェフプロデューサーがコラボレーションし、世界最高品質の「ライブロブスター」を使用したメニューを展開した。第一弾:山田宏巳シェフ、第二弾:牧村直哉シェフ、第三弾:熊谷喜八シェフ、第四弾:日高良実シェフ、第五弾:総集編


  • 世界を旅するロブスター(2013年3~12月)

世界の港町の中から4カ国をピックアップし、各国のシーフード料理を展開した。第一弾:タイ、第二弾:スペイン、第三弾:メキシコ、第四弾:北欧、第五弾:総集編


外部リンク[編集]