リシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リシン
識別情報
CAS登録番号 70-54-2, 56-87-1 L, 923-27-3 D
PubChem 866
ChemSpider 843 チェック, 5747 L
KEGG C16440
ChEMBL CHEMBL28328 チェック
IUPHARリガンド 724 チェック
特性
化学式 C6H14N2O2
モル質量 146.19 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

リシン: lysine)はα-アミノ酸のひとつで側鎖に 4-アミノブチル基を持つ。リジンと表記あるいは音読する場合もある。 タンパク質構成アミノ酸で、必須アミノ酸である。略号は Lys あるいは K である。側鎖にアミノ基を持つことから、塩基性アミノ酸に分類される。リシンは、クエン酸回路に取り込まれてエネルギーを生み出すケト原性アミノ酸である。

栄養学[編集]

必須アミノ酸であるが、植物性蛋白質における含量が低く、動物性蛋白質摂取量の少ない地域での栄養学上の大きな問題となっている。3大穀物である小麦トウモロコシともリシン含有量が少ないので、リシンを豊富に含む副食(肉、魚、豆など)を必要とする。サプリメントとしてヘルペスの予防にも利用される。

WHOによるリシンの成人向け一日当たり推奨摂取量は2.1グラムである[1]

穀物中には豊富には含まれないが、豆類には豊富である。肉、魚にも多く含まれる。多量のリシンを含む植物には以下のようなものがある。

生化学[編集]

リシンは蛋白質分子に対してメチル化アセチル化による翻訳後修飾を行う。コラーゲンはリシンの誘導体であるヒドロキシリシンを含む。細胞から分泌が行われる際に、小胞体またはゴルジ体におけるリシン残基のO-グリコシル化が特定の蛋白質に印を付けるのに使われる。

代謝[編集]

哺乳類においてはα-ケトグルタル酸とのアミノ基転移反応を経てアセチルCoAへと代謝されクエン酸回路に入る。バクテリアにおいては脱炭酸によりカダベリンとなる。

生合成[編集]

リシンの生合成はアスパラギン酸β-アスパルチルリン酸アスパラギン酸セミアルデヒドジアミノピメリン酸の順に行われる。カビ類においては、α-ジアミノピメリン酸を経由する。

リシンの生合成過程

脚注[編集]

  1. ^ FAO/WHO/UNU (2007年). “PROTEIN AND AMINO ACID REQUIREMENTS IN HUMAN NUTRITION (PDF)”. WHO Press. 2009年12月3日閲覧。, page 150

関連項目[編集]

外部リンク[編集]