必須アミノ酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

必須アミノ酸(ひっすアミノさん)とは、その動物の体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のこと。必要アミノ酸不可欠アミノ酸とも言う。

ヒトの必須アミノ酸[編集]

ヒトでは、一般に次の9種類が必須アミノ酸に含まれる。

ヒスチジンは長らく乳幼児期のみ必須とされてきたが、現在は成人も必須とされている。

必須アミノ酸は、いずれもL-型で有効ではあるが、体内ではアミノ酸オキシダーゼ (EC 1.4.3.3) とアミノトランスフェラーゼ(EC 2.6.1群)の作用により、D-型とL-型の相互変換が可能なため、D-型のアミノ酸でもよい(リジントレオニンを除く)。また、相当するαケト酸やαヒドロキシ酸で代替できるものもある。

ヒスチジンは体内で作られるが[要出典]、急速な発育をする幼児の食事に欠かせないことから、1985年からこれも必要なアミノ酸として加わるようになり、合計9種類が必須アミノ酸と呼ばれている。

なお、アルギニンは体内でも合成され、成人では非必須アミノ酸ではあるが、成長の早い乳幼児期では、体内での合成量が十分でなく不足しやすいため、これは準必須アミノ酸と呼ばれる。同様の理由から、システインチロシンも準必須アミノ酸として扱われる場合もある。準必須アミノ酸も必須アミノ酸として扱われることが多い。また逆に、これら準必須アミノ酸と対比するため、前出の9種のアミノ酸を完全必須アミノ酸と呼ぶこともある。

推奨摂取量[編集]

WHOによる必須アミノ酸の成人向け1日当たり推奨摂取量を以下に示す[1]

必須アミノ酸 体重1kg当たり(mg) 体重70 kg当たり(mg) 体重100 kg当たり(mg)
イソロイシン 20 1400 2000
ロイシン 39 2730 3900
リジン 30 2100 3000
メチオニン

+ システイン

10.4 + 4.1 (合計15) 1050 1500
フェニルアラニン

+ チロシン

25 (合計) 1750 2500
トレオニン 15 1050 1500
トリプトファン 4 280 400
バリン 26 1820 2600
ヒスチジン 10 700 1000

※3歳以上の子供向けでは成人向け摂取量より10%〜20%ほど多くなり、0歳児では成人向け摂取量より150%ほど高くなる。

アミノ酸の桶[編集]

必須アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効利用されない。これについては「アミノ酸の桶」という例をあげて説明されることが多い。つまり9種類のうち、一番含有量の少ないアミノ酸を一番背の低い桶板に例えて、いくら満杯にしようとしてもそこから水が流れてしまう=アミノ酸の含有バランスが悪い、という事になる。必須アミノ酸をバランスよく含む食物ほどスコアが高いと表現される。食品単体ではなく、食事という視点からでは一日のうちの食品中のアミノ酸を合計したものでバランスがとれればよい。そのため、単体ではバランスの悪い穀物も、その組み合わせでバランスがよくなる。なぜなら、穀物はトリプトファンメチオニンが多く、イソロイシンリジンが多いため互いに補いあうことができるからである。

アミノ酸スコアとその種類[編集]

日本で使われてきた必須アミノ酸のバランスを示すスコアは、アミノ酸スコアの1973年版と1985年版とプロテインスコアの3種類である。 1973年にWHOFAOが発表したアミノ酸スコアは、『日本食品標準成分表』の四訂で採用されている。 『日本食品標準成分表』の五訂ではこれに加えて、1985年版 WHO/FAO/UNUによって発表されたアミノ酸スコアを採用している。1989年にFAO/WHO合同専門家会議で1985年版のスコアが妥当であるとされたため現在広く用いられている[3]。 違いとしては、大豆のアミノ酸スコアを前者は86、後者は100としていることが特徴的である。その以前はプロテインスコアがあり、これは1957年にFAOがたんぱく質必要量の国際的基準として最初に発表したもので、幾度もの修正が加えられる前の古いスコアである。以上の3種類が日本で用いられてきたものである。 アメリカのFDAではさらに消化吸収率を考慮したPDCAASが採用されている。

動物の必須アミノ酸[編集]

動物の種類によって必須アミノ酸の種類は異なっている。例えば、

脚注[編集]

  1. ^ FAO/WHO/UNU (2007年). “PROTEIN AND AMINO ACID REQUIREMENTS IN HUMAN NUTRITION (PDF)”. WHO Press. 2009年12月3日閲覧。, page 150
  2. ^ a b c d http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  3. ^ 『たんぱく質の品質評価 : FAO/WHO合同専門家協議報告』国際食糧農業協会訳
  4. ^ 猫の栄養学講座 タンパク質(AllAbout、2007年5月20日)

参考文献[編集]

  • 国際連合食糧農業機関 国際食糧農業協会訳・編集 『たんぱく質の品質評価 : FAO/WHO合同専門家協議報告』国際食糧農業協会 1992年 邦訳元 Protein Quality Evaluation, Report of the Joint FAO/Who Expert Consultation, 1991 ISBN 978-9251030974
  • 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007