ラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラット
Wistar rat.jpg
ラット
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 齧歯目 Rodentia
: ネズミ科 Muridae
: クマネズミ属 Rattus
: ドブネズミ R. norvegicus
学名
Rattus norvegicus Berkenhout1769
和名
ドブネズミ
英名
Brown Rat

ラット実験動物の一種。野生のドブネズミ (Rattus norvegicus) を改良して作られた実験用の飼養変種である。愛玩動物として飼われることもある。

概要[編集]

英語の rat は、ハツカネズミなどの小型ネズミ類を表す mouse に対して、クマネズミ属をはじめとする比較的大型のネズミ類を指すが、日本語の「ラット」は上記の意味で用いられることが多い。逆に、動物実験関連以外の翻訳文献で「ラット」と訳されているのはしばしば、クマネズミ属の総称のことがある。

ラットはハツカネズミの飼養変種であるマウスと同様、医学生物学(特に行動学)の分野でモデル生物として用いられる。アルビノのものがよく用いられる。多くの系統が維持されているが、これらは遺伝子導入系統などではなく、遺伝的背景の違いを持ったものである。

実験系統の1つである Brown Norwayゲノムの90%が解読され、2004年4月Nature 誌に報告された。哺乳類では、マウスとヒトに次いで3番目となる。ラットのゲノムは約2.75Gbpで、ヒトの2.9Gbpと近い。マウスは約2.6Gbp。これら3種は、遺伝子の数もほぼ同程度だと考えられている。ヒトの疾患や哺乳類の進化を解き明かす手がかりとなることが期待されている。

他の代表的な実験動物[編集]

関連項目[編集]