ケト原性アミノ酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
解糖系のピルビン酸アセチルCoAとなり、アセチルCoAはクエン酸回路でエネルギーを生み出す。
糖新生

ケト原性アミノ酸(ケトげんせいアミノさん、Ketogenic amino acid)とは、脱アミノ(アミノ基転移による場合を含む)を受けた後、炭素骨格部分が脂質代謝経路を経由して、脂肪酸ケトン体に転換されうるアミノ酸のことである。主としてアセトアセチルCoAを経てアセチルCoAになる[1][要高次出典]。アセチルCoAはクエン酸回路に取り込まれてエネルギーを生み出す。

脚注[編集]

  1. ^ アミノ酸の分解 講義資料のページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]