プトレシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プトレシン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 110-60-1
PubChem 1045
MeSH Putrescine
特性
化学式 C4H12N2
モル質量 88.1516 g/mol
融点

27 °C

沸点

158–160 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プトレシン (putrescine, putrescin, putrescene) はアミンの一種で、腐肉の臭いの成分である。

カダベリンに類似した性質を持つ。これらは共に、生きている、または死んだ生物中に存在するアミノ酸が分解することによって生成する。

健常な細胞中でもオルニチン脱炭酸酵素によって少量合成されている。プトレシンは最も単純なポリアミンの1つであり、ポリアミンは細胞分裂に必須な増殖因子であるとされている。

他に腐臭を持つ化合物としてメタンチオール酪酸がある。

関連項目[編集]