サッカロピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカロピン
識別情報
CAS登録番号 997-68-2
PubChem 1087
MeSH Saccharopine
特性
化学式 C11H20N2O6
モル質量 276.286 g/mol
沸点

257-259°C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サッカロピン(Saccharopine)は、リシン代謝中間体の一つ。少数の下等真菌、高等真菌およびユーグレナ藻に存在するα-アミノアジピン酸経路ではリシンの前駆体である。哺乳類と高等植物ではリシンの分解中間体の一つで、リシンとα-ケトグルタル酸縮合反応で生成する。

反応[編集]

サッカロピンデヒドロゲナーゼによって合成される。

リシン+ α-ケトグルタル酸 \rightleftharpoons サッカロピン \rightleftharpoons グルタミン酸 + アリシン

病理学[編集]

いくつかの遺伝性によるリシン分解の異常は、サッカロピン尿症(Saccharopinuria)およびサッカロピン血症(saccharopinemia)の原因となる。

歴史[編集]

サッカロピンは1961年にDarlingとLarsenによって酵母菌から初めて単離された[1]

脚注[編集]

  1. ^ Darling, S., and Larsen, P. O., Saccharopine, a new amino acid in Baker's and Brewer's yeast: I. Isolation and properties. Acta Chem. Scand., 15, 743 (1961).