オルニチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルニチン
識別情報
CAS登録番号 70-26-8
PubChem 389
KEGG C00077
MeSH Ornithine
特性
化学式 C5H12N2O2
モル質量 132.161 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オルニチン (ornithine, 略称 Orn) はアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する物質のひとつ。アルギニンの分解によって生成する。分子式は C5H12N2O2IUPAC命名法では 2,5-ジアミノペンタン酸(2,5-diaminopentanoic acid)と表される。分子量は 132.16。天然型は L体(S体)で、CAS登録番号は [70-26-8] である。D体(R体)のCAS登録番号は 348-66-3、ラセミ体のCAS登録番号は [616-07-9] である。

アルギニンとの反応によって尿素と共に生成し、カルバモイルリン酸との反応でシトルリンリン酸になる。また、クレアチン経路を構成する物質であり、グリシンとアルギニンの反応でもグアニジン酢酸とともに生成する。このようにアルギニンの代謝で重要な役割を果たす物質である。その他の代謝としては、オルニチンはオルニチンデカルボキシラーゼの働きによってプトレシンとなる。

オルニチンを人工たんぱく質の材料とする研究が行われたが、オルニチンがラクタム化してしまい以降のペプチド結合が作れなくなってしまったため、失敗に終わった。

サプリメントとしてのオルニチン[編集]

オルニチンは成長ホルモン誘導体であり、同じアミノ酸の一種のアルギニンとともに、サプリメントに配合されていることがある。

オルニチンが含まれる食品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]