アントラニル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントラニル酸
構造式
識別情報
CAS登録番号 118-92-3
KEGG C00108
特性
化学式 C7H7NO2
モル質量 137.13
外観 無色~黄色の薄片あるいは白色~黄色の結晶性粉末
密度 1.41, 固体
相対蒸気密度 4.73
融点

146–148

出典
ICSC
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アントラニル酸(アントラニルさん、anthranilic acid)は芳香族アミノ酸の一種である。哺乳類に対して催乳作用を示すため、ビタミンL1とも呼ばれる[1]。生体内でのトリプトファン合成に関与するシキミ酸経路では、コリスミ酸グルタミンからアントラニル酸シンターゼによって合成される。また様々なアルカロイドの前駆体となる。一方、トリプトファンの代謝経路であるキヌレニン経路においてキヌレニンより生合成される。

メタノールとのエステルであるアントラニル酸メチルブドウジャスミンに含まれる香気成分である。1991年(平成3年)に改正された麻薬及び向精神薬取締法で、向精神薬原料に加えられた[2]

化学分析[編集]

アントラニル酸はカドミウム水銀など多くの金属イオンと反応してキレート錯体を形成する。このアントラニル酸錯体は弱酸性条件において沈殿を生成するため、金属イオンの定量分析に利用することができる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 本山、吉川、小川 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、508頁。
  2. ^ 麻薬及び向精神薬取締法”. e-gov. 2012年3月17日閲覧。

関連項目[編集]