コリスミ酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コリスミ酸
コリスミ酸
IUPAC名 トランス-3-([1-カルボキシ-エテニル]オキシ)-4-ヒドロキシ-1,5シクロヘキサジエン-1-カルボン酸
分子式 C10H10O6
分子量 226.18
CAS登録番号 [617-12-9]
融点 140 °C

コリスミ酸(コリスミさん、chorismic acid)は、植物の代謝過程の中間体として存在する重要な物質の一つ。シキミ酸経路上でシキミ酸から3ステップの反応により生成し、経路の分岐点となっている。フェニルアラニンチロシンなどの芳香族アミノ酸トリプトファンなどのインドール化合物、植物ホルモンサリチル酸や多くのアルカロイドなど、様々な生体物質の原料となる。

合成経路[編集]

シキミ酸→3-ホスホシキミ酸→3-ホスホ5-エノイルピルビルシキミ酸→コリスミ酸

Chorismate pathway 1.png

Chorismate pathway 2.png