ジャスミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソケイ属
Jasminum polyanthum
ハゴロモジャスミン Jasminum polyanthum
2004年
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: シソ目 Lamiales
: モクセイ科 Oleaceae
: Jasmineae
: ソケイ属 Jasminum
学名
Jasminum
L.
タイプ種
ソケイ Jasminum officinale
L.
和名
ソケイ属(素馨属)
英名
jasmine
  • J. sect. Alternifolia
  • J. sect. Primulina
  • J. sect. Jasminum
  • J. sect. Trifoliata
  • J. sect. Unifoliolata

ジャスミン: jasmine)は、モクセイ科ソケイ属(素馨属、学名: Jasminum)の植物の総称。ソケイ属の植物は世界で約300が知られている。

ジャスミン(ヤースミーン)という語はペルシャ語に由来し、中近東から欧米では女性の名前としても用いられる(ジャスミン (曖昧さ回避)参照)。

中国名は素馨であり属の名称は素馨属である。サンスクリットmallikā(マリカー)を語源とする茉莉はソケイ属の数種に用いられるのみであり単に茉莉または茉莉花と呼ばれるものはない。マツリカの中国名は双瓣茉莉である。

分布・生育地[編集]

アジアからアフリカ熱帯あるいは亜熱帯地方が原産である。

特徴[編集]

ほとんどの種は白色または黄色を咲かせる。いくつかの種では花は強い芳香を持ち、香水ジャスミン茶の原料として使用される。オウバイ(黄梅)もこれに含まれるが、香りはない。

主な香気成分は、ジャスモン酸メチルである。ジャスミンの花には幾つかの香気成分が含まれているが、その中でもジャスミンの香りを特徴付ける独特な香気成分であるcis-ジャスモンは、未だ工業生産法は確立されておらず、自然の花から抽出精製するしか方法が無いため、cis-ジャスモンを主原料とした香料は非常に高価である。それと比べ、工業的生産法が確立されているジャスモン酸メチル系の香料は、安価で入手可能で、香水やアロマオイルなどとして一般的に広く出回っている。

利用[編集]

ほとんどの種が観賞用として栽培されている。栽培の歴史は古く、古代エジプトですでに行なわれていたといわれている。ソケイマツリカの2種については、香料原料として大規模な栽培が行なわれている。

ソケイ16世紀中ごろからフランスグラースで香料原料として大規模に栽培されるようになった。現在では、主な産地はエジプトやモロッコインドなどに移っている。花は夜間に開くので、開ききった明け方に人手により摘み取られ、有機溶媒による抽出が行なわれる。抽出後、溶媒を除去すると、コンクリートと呼ばれるワックス状の芳香を持つ固体が得られる。これをエタノールで再度抽出し、エタノールを除去したものが、香料として使用されるジャスミン・アブソリュートである。花約700kgからジャスミン・アブソリュート1kgが得られる。ジャスミン・アブソリュートを使った香水としては、ジャン・パトゥ英語版社の「Joy」が著名である。

マツリカ中国南部、台湾インドネシアなどで栽培されており、ジャスミン茶の着香に使用される。マツリカも夜間に花が開くが、摘み取りはまだつぼみの状態の昼間のうちに行なわれる。これを夜間に花が開き始めたところで、茶葉と混合して着香する。

栽培[編集]

熱帯地方原産の植物であるため、中緯度以北では温室が必要な種が多いが、シロモッコウハゴロモジャスミンオウバイ耐寒性があり、普通に露地栽培することができる。肥沃で水はけの良い土地を好む。ソケイやマツリカ、シロモッコウなどはつる植物であるので、支柱が必要である。支柱があると2 - 3m程度の高さまで伸びる。通常は挿し木で増やす。

主な種[編集]

ジャスミンと呼ばれるその他の植物[編集]

ジャスミンと名の付く植物は多くのにあり、本来のジャスミンとは系統の遠いものも多い。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 「ソケイ属 Jasminum」『樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2001年、296-297頁。ISBN 4-635-07005-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]