アロマオイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アロマオイル(英語:Aroma oil)は、植物に由来する天然香料・精油(エッセンシャルオイル)や合成香料を、プロピレングリコールアルコール、植物油(キャリアオイル)や鉱物油などで希釈した製品を指すことが多い。これは、香水化粧品、食品に添加する香料ポプリ作り、芳香を楽しむために利用される。アロマティックオイル(英語:aromatic oil)、フレグランスオイル(英語:Fragrance oil)、ポプリオイル(英語:potpourri oil)、フレーバーオイル(英語:flavor oil)などとも呼ばれる。合成香料を含むアロマオイルは、100%植物に由来する精油と混同されることもあるが、別物であり、アロマテラピーには利用されない[1]

ただし、メーカーや店舗によっては、稀に精油をアロマオイルと呼ぶところもある。また、精油を植物油で希釈したり、芳香のある花弁薬草を植物油に漬けこんだ香油・薬油を指す場合もある[2]。これは美容や健康に効果があるとされ、肌に塗布したりマッサージに用いられる。

主な素材[編集]

これらはごく一部であり、他にも多くの素材がある。

脚注[編集]

  1. ^ 精油の正しい選び方 日本アロマ環境協会
  2. ^ アロマ‐オイル【aroma oil】 デジタル大辞泉

関連項目[編集]