クレアチンリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレアチンリン酸
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
略称 PCr
CAS登録番号 67-07-2
PubChem 587
特性
化学式 C4H10N3O5P
モル質量 211.113 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クレアチンリン酸(クレアチンリンさん、Phosphocreatine)はリン酸化されたクレアチンで、骨格筋にとって重要なエネルギー貯蔵物質である。ADPからの無酸素的なATPの生成に使われ、2秒から7秒程度の反応時間でクレアチンキナーゼによってリン酸基が外され、クレアチンに戻る。この反応は可逆でATP濃度の調整にも役立っている。クレアチンリン酸は、や筋肉など多くのエネルギーを消費する組織で重要な役割を果たしている。

クレアチンリン酸は肝臓で合成され、血流に乗って筋細胞に運ばれる。

歴史[編集]

クレアチンリン酸はユダヤ人の生化学者であるDavid Nachmansohnによって発見された。

参考文献[編集]

Schlattner, U., Tokarska-Schlattner, M., Wallimann, T. (2005). Mitochondrial creatine kinase in human health and disease. Biochemica et Biophysica Acta .27. (Published ahead of print)