アデノシン二リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アデノシン二リン酸
構造式 アデノシン二リン酸
IUPAC名 Adenosine 5'-(trihydrogen diphosphate)
分子式 C10H15N5O10P2
分子量 427.20
CAS登録番号 [58-64-0]
SMILES O[C@H]1[C@H]([C@H](N2C3=C
(N=C2)C(N)=NC=N3)O[C@@H]
1COP(O)(OP(O)(O)=O)=O)O

アデノシン二リン酸(アデノシンにリンさん、Adenosine diphosphate, ADP と略)は、アデニンリボース、および二つのリン酸分子からなる化学物質。リン酸は高エネルギーリン酸結合をとっており、ATP から ADP とリン酸基に分かれる際に放出されるエネルギーは生体内での主要なエネルギー源となっている。詳細は ATP の項目を参照のこと。

アデニル酸AMP)とATPからアデニル酸キナーゼによって生成される。

AMP + ATP \rightleftharpoons 2ADP

ATPアーゼATPase)によりATPが加水分解される場合にも生成される。

ATP + H_2O → ADP + H_3PO_4

ADPは上記の化学反応のようにATPの分解やAMPのリン酸化によって生ずる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]