シトシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シトシン
シトシンの構造式
識別情報
CAS登録番号 71-30-7
KEGG C00380
特性
化学式 C4H5N3O
モル質量 111.10
外観 無色固体
融点

320–325 (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シトシン (cytosine) は核酸を構成する5種類の主な塩基のうちのひとつで、ピリミジン塩基である。分子量は 111.10。右図の構造に対応するIUPAC名4-アミノピリミジン-2(1H)-オン (4-aminopyrimidin-2(1H)-one) であるが、ほかに互変異性として、3H体と、4-アミノピリミジン-2-オールをとることができる。

シトシンから誘導されるヌクレオシドシチジンである。DNA、あるいはRNAの二重鎖構造の中ではグアニンと3本の水素結合を介して塩基対を作る。

関連物質[編集]