出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生産量の多い色とりどりのインゲンマメ

(まめ、: Bean, Pulse)とは、マメ科植物種子のことで、特に食用・加工用に利用される大豆インゲンマメヒヨコマメアズキラッカセイなどの総称である[1]。豆は菽穀類(しゅこくるい、: Pulse crops)と言われ広義の穀物に含まれる。また小さいものや形の似たものを豆と表現する。(後述

概要[編集]

莢に詰まった豆

マメ科植物の果実は、豆果: Legume)であり、雌蕊子房心皮が成長して形成された鞘の中に種子がある。種子は胚乳が発達せず、子葉が発達して栄養を蓄える[1]。対して、イネ科の植物は栄養を胚乳に蓄える[2]。鞘を形成する莢果(きょうか)で[3]、果皮が乾燥した乾果である。完熟すると鞘がさける裂開果(れっかいか)や[4]、鞘が種子毎に仕切られ完熟すると仕切り毎に別れる節果(せつか)などがある[5]

マメ科植物のダイズ、インゲンマメ、ヒヨコ豆、アズキなどは1年草であるが、同科には多年生草本アルファルファや、樹高が20m以上になる常緑高木タマリンド落葉高木のニセアカシアヒロハフサマメノキなど様々な形態の種(しゅ)がある。「豆」の定義はマメ科植物の種子や果実のことであるが、大きさが約2mmのアルファルファの種子はその小ささから「種(たね)」と表現され[6]、果肉を利用するタマリンドは果物(フルーツ)として扱われ、食用にしない種子は豆ではなく「たね」と呼ばれる[7]

豆は他の植物の種子より大きく栄養豊富であることから、人間を含む多くの動物にとって重要な食料となっている。様々なマメが古代より世界各地で栽培されてきた。他の穀物ほど水を必要としない(→仮想水)為、栽培適応地も広範囲であり、比較的丈夫な皮を持つことから収穫後に乾燥させても粒割れを起こさずカビ昆虫による食害も受け難いなど保存・貯蔵面の利点がある。現在にいたるまで、各国で豆料理や豆の加工食品が利用されている。反面、殆どが炭水化物であるコメ小麦トウモロコシイモ類などと比べ、味などの面で癖が強い(味がある)、単位面積あたりの収量が劣り、調理にも長時間かかる事などから、豆を主食とする民族は少ないが、高栄養価でもあり、主食穀物イモ類につぐ重要な食材となっている。

歴史[編集]

「豆を食べる男」(16世紀後半) アンニーバレ・カラッチ

豆は人類の農耕文明において、穀物と同じように、長い期間にわたって作物となってきた歴史がある。現在100ヶ国以上で栽培され食用の豆では最大の生産量のインゲンマメは、メキシコで紀元前4000年頃のものが見つかっており、メソアメリカが原産と考えられている。2012年にゲノム分析からメソアメリカが原産で1万1千年前にメソアメリカの栽培種と南米の栽培種へ分化したとする報告があった[8]。その後、南北アメリカ大陸へ広がり、スペイン人のアメリカ大陸への進出後は「旧大陸」に紹介された。ラッカセイパラグアイの周辺ボリビアブラジルアルゼンチンに囲まれた地域が原産と考えられており[9]、ペルーの遺跡から約7600年前のラッカセイがみつかっている[10]。ラッカセイはスペイン人到来以前にメソアメリカへ伝わっていた。その後スペインおよびポルトガルにより世界へ広まった。

エンドウレンズマメメソポタミア周辺の西アジアが原産と考えられており、トルコの紀元前5500年頃の遺跡から見つかっている他、それ以前のトルキスタンの遺跡でも見つかっている。ソラマメは北アフリカかメソポタミアが原産と考えられており、メソポタミアでは紀元前2-3千年ごろには栽培が始まった。ヒヨコマメはヒマラヤ西部から西南アジアにかけての地域が原産と考えられており、これらの豆は古代に陸路で各地へ伝播した[11]

大豆中国が原産で、古代より日本を含め東アジア東南アジアへ伝わったが、世界的な伝播は遅く、ヨーロッパへは18世紀に、アメリカ州へは19世紀に紹介された。現在、米国ブラジルアルゼンチンは大豆の大生産国であるが、大豆の生産は20世紀に入り飼料作物として栽培され始めたものである[12]

日本の豆の歴史[編集]

日本では、紀元前4000年頃(縄文時代後期)に、大豆の原種と言われるツルマメを利用していた痕跡が出土している[13]。中国原産の大豆は約2000年前の(弥生時代初期)に伝来したと考えられており、味噌醤油の製造法は奈良時代に伝わり、鎌倉時代には各地に大豆の栽培が広まった[14]

アズキは中国が原産と考えられているが、アズキの祖先と考えられる野生種ヤブツルアズキV.angularis var. nipponensis(Ohwi) Ohwi & Ohashi)が日本からヒマラヤまでの地域で見つかっており、アズキの原産地の再検討が必要となっている[15]アズキ滋賀県粟津湖底遺跡(紀元前4000年頃)[16]登呂遺跡(弥生時代、紀元1世紀頃)から出土しており、古代より各地で栽培されていたと考えられる。

西アジア原産のソラマメとエンドウは中国経由で8世紀頃、ササゲが9世紀頃、アメリカ大陸原産の作物は16世紀半ばに始まった南蛮貿易で日本へ紹介された可能性はあるが、インゲンマメ(隠元豆)は中国経由で17世紀に、ラッカセイ(南京豆)はフィリッピン・中国経由で18世紀頃に伝来したというのが通説となっている[17]

種類[編集]

豆は植物分類学上はマメ科に属する植物の種子の事であり、マメ科には650属、18,000種があるが、ヒトが利用しているのはその極一部である[18]。マメ科の植物は熱帯から亜寒帯乾燥地帯から湿潤地帯、海抜ゼロメートル地帯から高山までと広い地域に分布している。形態も1年生草本植物から多年生木本植物まである[19]

作物の豆は国内外の食料の生産集計などで2つに分類されている。多くの豆は重量の約60%が炭水化物で、タンパク質を約25%含み、脂質の含有率は僅かで、主に食用にされる[20]。これらが「食用豆」である。もう1つの分類は、含油率が高い豆で搾油用の作物であり、「油糧作物」に含まれる。大豆はタンパク質を36%、炭水化物を30%、脂質を20%含んでおり、ラッカセイは50%が脂質、タンパク質が26%、炭水化物は16%で、この2つは油糧作物に分類されている。以降の節では、「食用豆豆類」と「油糧作物」に分類される大豆およびラッカセイは分けて記述する。

インゲンマメ属・インゲンマメ種
インゲンマメ(隠元豆)は純食用の豆類の中の最大生産品種で、多くの栽培種が有り、大きさも大小、色も単色の白、黒、赤ほか、斑紋入りのものなど様々である[21]。原産地はラテンアメリカであり、スペイン語でFrijol(フリホル)と呼ばれるが、フリホルは現地語起源ではなく、学名になっているラテン語Phaseolusが起源で、古代西アジア原産の豆を示していた。インゲンマメは英語ではCommon Bean(一般の豆)とも呼ばれ、国際連合食糧農業機関(FAO)の集計では単にBeans, dryと表示されている[22]
キドニー・ビーン(英en:Kidney bean
代表的な豆の1つで大粒の腎臓型でアズキ色である。金時豆に似ているが異なる栽培種であり日本では生産されていない[18]
赤インゲン
金時豆
白インゲン
大福豆(おおふくまめ)、手亡(てぼう)、白金時
ブラック・ビーン(: Black bean)、フリホル・ネグロ(西: Frijol Negro
ブラック・タートル・ビーン(英en:Black turtle bean)とも、小粒の黒い豆でメキシコや中米フリホレスブラジルフェジョアーダに使われる。日本の黒豆(黒大豆)に似ているが属も種も異なる。
うずら豆: pinto bean
代表的な豆の1つ。斑紋入り。
とら豆
斑紋入り。
ライマメ: lima bean, butter bean
インゲンマメ属・ベニバナインゲン種
ベニバナインゲン(紅花隠元、: Runner bean / scarlet runner bean)、白花豆、紫花豆
エンドウ属
エンドウ(豌豆、エンドウ豆とも[23]: Pea, dry)、青えんどう、赤えんどう。
キマメ属
キマメ(木豆[24](英)Pigeon Pea) - 高さ1-3mの低木の種子である[25]。熱帯の豆でインドでダールに使われる。
ササゲ属・ササゲ種
緑豆ササゲ(大角豆[26]: Cow pea, black-eyed pea)、赤いササゲはアズキによく似ている。関東以南で栽培されており、沖縄で作られている「黒小豆」はササゲである[27]
ササゲ属・アズキ種
アズキ(小豆、: Azuki bean)、大納言、竹アズキ(ツルアズキ)はアズキによく似たササゲ属の豆でタイ、ミャンマーなどから輸入されている[28]
ソラマメ属
ソラマメ(空豆、: Broad bean, Fava bean
ダイズ属
大豆: Soybean: Soya bean)、青大豆、黒大豆(黒豆)、高タンパク・高脂質であり、主に搾油・飼料用に利用される。
ヒヨコマメ属
ヒヨコマメ(雛豆、: Chickpea)、ガルバンソ(西: Garbanzo)日本での生産は殆ど無く、輸入も950トンと少ない[28]
ヒラマメ属
レンズマメ、ヒラ豆、レンティル(: Lentil
ラッカセイ属
ラッカセイ(落花生、南京豆)、高脂質であり油糧作物に分類されている。
ルピナス属
ルピナス豆(: lupin bean) - 大豆と同様にタンパク質の含有率が高い(36%)が、脂質は大豆の半分の9.7%である。ダイズの代用(食用)として近年生産が伸びている[29]

マメ科の植物であるが、「種子(豆)」以外が利用されるもの。ヒカマクズイモ属)、ローズウッド紫檀ツルサイカチ属)、ハギ属)、レンゲゲンゲ属)、フジ属)、クズクズ属)、クローバーアルファルファシャジクソウ属)、 アラビアガムアカシア属)、タマリンドタマリンド属)など。

マメ科以外の植物の種子で通常豆と呼ばれるもの。コーヒー豆アカネ科)、カカオ豆アオイ科)、メキシコトビマメトウダイグサ科)など。

生産[編集]

豆は他の作物と比較して、暑さ・寒さに強く、など成長に必要な水分を多く必要としない。このためコメ小麦などを栽培することができない乾燥帯冷帯亜寒帯)の地域で栽培が盛んである。

マメ科の植物は根に窒素固定を行う根粒菌が共生しているため、マメ科以外の作物を栽培した後に土壌から失われた窒素分を補充する目的で豆を輪作することも多く、化学肥料を用いない有機農業では特に重要である。

豆は球形または球が潰れた形をした種子と、それを複数個を個々に包んだ莢(果皮にあたる)からなり、種類によって種子部分のみを食べる作物と莢ごと食べる作物がある。未熟果のサヤインゲン、サヤエンドウ、グリーンピーなどは、FAOでは野菜として集計しており、以下の生産量の表には含まれていない。

豆は良質な食料資源であり、また水資源をそれほど必要としないことから、穀倉地帯での作付面積も主食穀物や綿など繊維原料と並んで広い傾向がある。

豆はヒトにとって古代より主食である穀類を補完する重要な食料であったが、近年の食の多様化、飽食化により、殆どの食材の一人あたりの消費量が増加している中で、ジャガイモキャッサバなどの根菜類(イモ類)とともに豆類の消費量は減少傾向にある。国際連合食糧農業機関(FAO)の集計では、1961年から2009年にかけて、植物性食料の1人1日あたりの供給量は1035グラムから1391グラムへと34%増加したが、イモ類は212gから167gへと21%減少、豆類(大豆、ラッカセイを含まない)は26gから18gへと31%減少した。なお油糧作物として集計されている大豆の直食用(大豆油を除く)は4gで変動なし、ラッカセイ(食用油を除く)は2gから4gへ増加した[30]

豆類の生産は1961年の作付面積6401万ヘクタール、収穫量4078万トンから、2011年には7807万ヘクタール、6784万トンへと増加した。ただしこの間に世界人口は約2.3倍になっており、一人あたりの生産量は減少したことになる。2011年の生産量の多い豆はインゲンマメ属2325万トン、ヒヨコ豆1162万トン、乾燥エンドウ956万トン、ササゲ493万トン、レンズマメ441万トン、キマメ441万トン、ソラマメ403万トンなどであった[30]

油糧作物である大豆とラッカセイは味噌や醤油などへの加工用を含む直食用の消費もあるが[31]、搾油用途に比べ少ない。2009年[32]の大豆の生産量は豆類とは桁違いの2億2318万トンであったが、約2億トンは主に搾油用の加工用で、直食用は4.9%の1083万トンでしかなく、大豆油の食用2251万トンを含めても3334万トンで総生産量の14%でしかない。大豆は油糧作物の中では含油率が約2割と低く、大量の搾りかす(脱脂大豆)が発生するが、「かす」と呼ぶには相応しくないほど、大量のタンパク質と炭水化物を含んでおり、飼料用に使われる。飼料として消費された脱脂大豆・全粒大豆・大豆油は1億5838万トンで総生産量の68%を占めており、重量の点から見れば、大豆は油糧作物というより飼料作物である[30]

ラッカセイの場合はヒトの食用の率が大豆より高く、総供給量(むき身換算)2563万トンのうち、搾油用は1341万トン(52%)直食用は916万トン(36%)で、ラッカセイ油の食用433万トンを含めると1348万トン(53%)が食用となっている。対して飼料用は681万トン(27%)であった[30]。大豆とラッカセイは大半が搾油用であるため、他の豆類と別集計されているが、大豆の直食用はインゲンマメ、ヒヨコマメに次ぐ量であり、ラッカセイもエンドウに次ぐ量である。

豆の種類別の総生産量(千トン) [30]
作物 1961 1980 2000 2010 2011 備考
豆類合計 40,783 40,805 55,601 68,829 67,839 50年で1.7倍、人口は2.3倍。
インゲンマメ 11,228 13,712 17,659 23,136 23,250
ヒヨコマメ 7,682 4,854 8,009 10,964 11,624
エンドウ 7,346 9,382 10,716 9,778 9,558
ササゲ 870 1,188 3,271 6,879 4,928 人口増を上回る増加。
レンズマメ 855 1,241 3,369 4,766 4,411 人口増を上回る増加。
キマメ 2,228 1,966 3,259 3,852 4,406
ソラマメ 4,843 4,494 3,722 4,086 4,032
ルピナス 631 333 1,226 1,033 1,107 23ヶ国で生産、豪州で73%
その他 5,100 3,634 4,369 4,336 4,522
油糧作物(大半が搾油用である)
大豆 26,883 81,040 161,290 264,973 260,916 総生産量
(大豆食用) 4,203 6,521 9,595 10,831[33] - 直食量はヒヨコマメに次ぐ。
(大豆油) 2,633 11,035 19,389 22,509[33] -
ラッカセイ殻付[34] 14,134 16,891 34,728 41,894 38,614 総生産量
(食用、むき身) 2,455 3,735 8,300 9,157[33] - 直食量はエンドウマメに次ぐ。
(ピーナッツオイル) 2,124 2,898 4,524 4,326[33] -
穀物
トウモロコシ 205,028 396,623 592,479 850,445 883,460 生産量の比較用。

上記の生産量の表および以下の表で、推移を示すために過去の単年度の数値を記載しているが、豆は農作物であり気候に影響されるため、抽出した年度が豊作または不作年である可能性がある事に留意。

主な生産国[編集]

豆類は世界の171の国または地域で生産されている。豆の生産量が特に多い国はインドで豆類の総生産量の26%(1779万トン)はインドで、2番目がミャンマーの8%(531万トン)、3番目が中国の7%(461万トン)であった。21世紀に入り、カナダオーストラリアニジェールなどの生産が拡大している。なおロシアおよびエチオピアは政変により国土が変わった為、過去の数値が計上されていない[30]

豆類の生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 40,783 40,805 55,601 68,829 67,839 100%
インド 12,860 9,167 13,713 17,236 17,787 26%
ミャンマー 222 355 1,658 4,492 5,311 8%
中国 8,521 6,752 4,696 3,891 4,610 7%
カナダ 61 188 4,443 5,347 3,883 6%
ブラジル 1,801 2,005 3,058 3,172 3,456 5%
オーストラリア 23 174 2,171 1,955 2,527 4%
ロシア 0 0 1,178 1,401 2,507 4%
エチオピア 0 0 996 1,888 1,969 3%
ナイジェリア 472 563 2,237 3,422 1,916 3%
ニジェール 68 276 293 1,832 1,565 2%
他161ヶ国 16,756 21,323 21,158 24,194 22,309 33%
(日本) 373 95 104 78 71

2011年には米国は第11位で、このリストに入っていないが、2011年の米国の生産量が例年に比べ極端に少ない為で、米国は豆の大生産国であり2010年度は7番目であった。日本の生産量はその他に含む。

日本の1961年の生産量37万3千トンは世界で15番目であった。その大半はインゲンマメであったが、近年はインゲンマメの生産は2万トン前後で、アズキが最大の生産品種であり6-9万トンで推移している。アズキは4分の3、インゲンマメは9割が北海道で生産されている[35]

主な豆の生産量[編集]

インゲンマメ
インゲンマメの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 11,228 13,712 17,659 23,136 23,250 100%
インド 1,686 2,752 2,847 4,890 4,470 19%
ミャンマー 137 275 1,285 3,000 3,722 16%
ブラジル 1,745 1,968 3,038 3,159 3,435 15%
中国 2,151 1,752 1,658 1,339 1,583 7%
米国 896 1,212 1,204 1,442 900 4%
タンザニア 80 250 540 868 676 3%
ケニヤ 55 230 331 391 578 2%
メキシコ 723 935 888 1,156 568 2%
ウガンダ 100 133 420 455 464 2%
カメルーン 42 98 175 354 380 2%
他110ヶ国 3,614 4,106 5,272 6,083 6,474 28%
インゲンマメ科は栽培種の数が多いこともあり、広い地域で栽培されている。2011年に米国とメキシコの生産量が激減していた。野菜と集計される生のインゲンマメは、2011年に20,394千トン生産されたが、これは完熟果である乾豆の23,250千トンに匹敵する量であるが、生(鞘も含まれ水分が大部分である。)と乾豆であり直接の比較は出来ない。作付面積は乾豆の2921万ヘクタールに対し、生用は約20分の1の154万ヘクタールであった[30]
ヒヨコマメ
ヒヨコマメの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 7,682 4,854 8,009 10,964 11,624 100%
インド 6,250 3,356 5,118 7,480 8,220 71%
オーストラリア 0 0 162 602 513 4%
パキスタン 610 313 565 562 496 4%
トルコ 90 275 548 531 487 4%
ミャンマー 36 38 84 441 467 4%
エチオピア 0 0 165 285 323 3%
イラン 60 84 242 268 290 2%
米国 0 0 61 88 97 1%
カナダ 0 0 388 128 91 1%
メキシコ 135 153 234 132 72 1%
他43ヶ国 501 634 443 448 567 5%
インドが飛び抜けたヒヨコマメの大生産国であり、世界生産量の7割を占める。
エンドウ
エンドウの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 7,346 9,382 10,716 9,778 9,558 100%
カナダ 29 76 2,864 3,018 2,116 22%
ロシア 0 0 815 1,218 2,021 21%
中国 2,970 2,300 1,020 911 1,190 12%
インド 1,050 229 815 675 593 6%
フランス 23 249 1,937 553 550 6%
オーストラリア 21 66 456 280 395 4%
ウクライナ 0 0 499 452 364 4%
エチオピア 0 0 118 236 257 3%
米国 161 194 158 645 255 3%
スペイン 29 5 58 194 194 2%
他86ヶ国 3,063 6,263 1,976 1,597 1,623 17%
ウクライナの1961・1980年の生産は旧ソ連で集計されている為にゼロ値となっている。野菜と集計される未熟果で生で流通するサヤエンドウやグリーンピースは含まれない。グリーンピースの2011年の生産量は16,974千トンと乾豆の倍近いが、作付面積は乾豆の621万ヘクタールの約3分の1の224万ヘクタールであった[30]
ササゲ
ササゲの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 870 1,188 3,271 6,879 4,928 100%
ナイジェリア 431 510 2,150 3,368 1,861 38%
ニジェール 50 266 269 1,774 1,517 31%
ブルキナファソ 74 107 128 626 441 9%
ミャンマー 10 8 77 215 218 4%
タンザニア 16 39 110 152 173 4%
カメルーン 0 0 70 146 152 3%
マリ 20 20 100 129 133 3%
ウガンダ 45 16 64 85 87 2%
ケニヤ 0 0 38 72 82 2%
DRコンゴ 29 46 48 60 73 1%
他23ヶ国 195 175 218 251 193 4%
ササゲの生産国の数は少なく、暑さに強い事から主に熱帯地域で生産されている。他の豆類のひとりあたりの供給量減少している中で、レンズマメと共に供給量が増えている作物である。
レンズマメ
レンズマメの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 855 1,241 3,369 4,766 4,411 100%
カナダ 0 26 914 1,947 1,532 35%
インド 359 320 1,079 1,032 944 21%
トルコ 84 195 353 447 406 9%
オーストラリア 0 0 163 140 380 9%
米国 10 98 137 393 215 5%
ネパール 31 49 137 152 207 5%
中国 0 0 116 125 150 3%
シリア 34 83 73 77 112 3%
イラン 29 41 78 100 99 2%
エチオピア 0 0 59 124 81 2%
他41ヶ国 308 430 259 229 286 6%
レンズマメは他の豆と比較して植物繊維・タンパク質の含有量が多く、脂質は約1%で、菜食のインドではキマメと共にダルの材料である。他の豆類のひとりあたりの供給量減少している中で、ササゲと共に供給量が増えている作物である。2000年以降生産量が急増しており、特にカナダの生産拡大が大きい。
キマメ
キマメの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 2,228 1,966 3,259 3,852 4,406 100%
インド 2,066 1,757 2,694 2,460 2,860 65%
ミャンマー 32 21 182 773 837 19%
タンザニア 10 23 84 166 273 6%
マラウイ 52 76 99 193 196 4%
ウガンダ 17 26 78 93 95 2%
ケニヤ 0 0 66 103 84 2%
ドミニカ 21 17 13 25 25 1%
ネパール 6 10 22 19 14 0%
DRコンゴ 3 4 6 6 7 0%
ハイチ 3 4 2 2 3 0%
他11ヶ国 19 29 12 12 12 0%
キマメは熱帯の限られた国でしか生産されていない。ヒヨコマメ同様、インドが飛び抜けた大生産国である。
ソラマメ
ソラマメの生産量(千トン)[30]
1961 1980 2000 2010 2011
合計 4,843 4,494 3,722 4,086 4,032 100%
中国 3,400 2,700 1,788 1,400 1,550 38%
エチオピア 0 0 389 611 698 17%
オーストラリア 0 9 253 250 350 9%
フランス 55 65 70 483 345 9%
エジプト 161 213 354 234 175 4%
英国 2 69 180 160 134 3%
モロッコ 60 104 33 149 134 3%
イタリア 388 214 72 104 84 2%
チュニジア 7 51 27 48 73 2%
ペルー 24 22 49 67 65 2%
他47ヶ国 747 1,047 508 580 427 11%
油糧作物である大豆およびラッカセイ
搾油用や飼料用他に大量生産される大豆およびラッカセイの生産量は「豆類」とは別格である[30]
大豆の生産(2011年)
大豆の生産量は全豆類の総生産量の約4倍の2億6千万トンで、主な生産国は米国(8317万トン)、ブラジル(7482万トン)、アルゼンチン(4888万トン)、中国(1449万トン)、インド(1228万トン)で、これら5ヶ国で世界の総生産量の9割を占める。
ラッカセイの生産(2011年)
ラッカセイも豆類のなかでは最大生産品種であるインゲンマメの生産量の約1.4倍の3861万トンである。主な生産国は中国(1611万トン)、インド(693万トン)、ナイジェリア(296万トン)、米国(165万トン)、ミャンマー(139万トン)で、これら5ヶ国で世界の総生産量の4分の3を占める。

日本の豆の自給率[編集]

大豆が最大の国内供給量の豆である。2009年の国内供給量は366万トンで国内生産量は23万トンで、自給率は6.3%であるが、大豆や僅かではあるが大豆油の他に192万トンの脱脂大豆を飼料用に輸入している。脱脂大豆の輸入も考慮すると自給率は4.1%まで下がる[30]

日本の大豆やラッカセイ以外の豆類の輸入量は約10万トンであり、日本の豆類の食料自給率は約4割である。主な輸入先はインゲンマメ類(約4万トン)がアメリカ(1万3千)中国(1万1千)カナダ(9千)ミャンマー(8千)から、アズキ(約3万トン)が中国(2万5千)他から、エンドウ(1万6千トン)がカナダ(9千)イギリス(4千)などから、ソラマメ(約8千トン)が中国(7千)他からとなっている[36]

アズキは2004年の国産9万1千トンに対し、アズキの輸入3万3千トン(中国から2万5千トン)[37]のほか約5千トンのアズキに似た竹アズキの輸入があり自給率は68%である。

インゲンマメは国産2万7千トンに対し、輸入は4万1千トンで、国内自給率は31%である[37]

エンドウは輸入1万6千トンで自給率は4%、カナダから8.6千トン、イギリスから3.8千トン、中国から1.3千トンなどであった[37]

ソラマメは輸入7882トンで自給率は1%である。大半が中国から(6658トン)の輸入であった[37]

その他の豆は国内生産・輸入とも僅かである。

利用[編集]

カトマンズで売られている様々な類。

豆の大半は完熟したものが生産・加工・消費されているが、さやいんげんグリーンピース枝豆のように未熟果の状態で消費されるものや、モヤシのように発芽させたもの(スプラウト)を消費するものもある。未熟果やスプラウトは豆類ではなく、野菜として集計されるが、それらは作物の生産量のごく一部である。各国に豆料理があるが、多くは塩味であり、甘い煮豆は少ない。

多くの豆は硬い種皮に覆われ、「渋味」・「苦味」といった味覚的な物を含む化学防衛(→有毒植物)を行っているものも多く、長時間水に浸して戻す前処理や、長時間の調理が必要である。不適切な処理・調理ではハウチワマメ中毒en:Lupin poisonin)、ソラマメ中毒のような食中毒を起こす場合もある。このためトウモロコシや米・やイモ類のような主食の位置には置かれていなが、主食で不足する栄養素をよく補給する為重要な食材であり、豆料理も多岐に渡る。利用(調理)し難い食材ではあるが、発芽発酵させるなどの加工も行なわれている。

経済的な理由から動物性蛋白質を得ることが難しい人々や、ベジタリアンなど信条的に動物性蛋白の摂取を避けている人々にとっては、非常に重要な蛋白源である。インドのようにヒンズー教の教義から菜食の国では高栄養価の豆は貴重である。豆由来の蛋白質は低コレステロール必須アミノ酸をバランス良く含んでいるため、健康上の理由などで高蛋白・低コレステロール食を求める向きには健康食品の範疇で豆を原料としたものも多く出回っている。この中にはヴェジーバーガートーファーキー台湾素食のように、食べ応えにも配慮された加工食品もみられる。

なおタンパク質の供給源は、食肉・乳製品・卵などの動物性食料が思い浮かばれるが、2009年の世界平均では、1人1日あたり79.3グラムのタンパク質の供給があり、61%は植物性食料からであった。もちろん国毎に様々で、中国は93.8グラムの61%が植物性食料から、インドは56.6グラムの80%、米国は112.9グラムの36%、日本は89.6グラムの44%が植物性食料からの供給であった[30]。これらの数値は供給ベースであり、動物性食料は生鮮食品であり、その保存性の悪さから流通加工段階において食用豆より損失や廃棄率が高く、消費(摂取)ベースでは、タンパク質の供給源としての植物性食料の比率はより高いものとなる。

参考までに「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、タンパク質の摂取推奨量を成人男子で60グラム、成人女子で50グラムとしており[38]、インドは他国と比べタンパク質の供給量が少ないが、ほぼこの推奨量レベルであり、日本を含め他の国では推奨量以上が供給されている。なお供給量と摂取(消費)量は等量ではない事に注意、供給量の数パーセントは廃棄される[39]。日本の1961年のタンパク質供給量は74グラムで67%が植物性食料からであったが70年代に約半々となり、現在に至っている。同様な食の変革が中国で進行中であり、食肉の消費が拡大している。この食肉への需要は間接的には飼料作物の需要となり、穀類や豆類への需要が拡大している[40]

1人あたりの消費量[編集]

正確には食料供給量であるが、豆類(大豆、ラッカセイを含まず)は165ヶ国で食用にされており、1人1日あたりの豆供給量世界平均は1961年には26gであったが、1960年代・70年代と徐々に減少し1974年に18gになって以降は横ばいである。日本の場合は1960年代は10g前後であったが、70年代に減り始め(食文化の変化)、1977年に5gとなってからは4-6gで推移している。日本の5g/人/日は世界で131番目である。豆の消費の多い国では1人1日数十グラムであり、日本の10倍近い消費がある[30]

2009年実績で豆消費の多い国は、ニジェールルワンダの88g/人/日、ブルンジ86g/人/日、キューバ85g/人/日のほか、ブラジル46g/人/日、カナダ22g/人/日、北朝鮮34g/人/日、エチオピア54g/人/日、インド34g/人/日、ケニヤ42g/人/日、メキシコ34g/人/日、ペルー23g/人/日、トルコ31g/人/日などがある。

日本のように豆消費の少ない国には、中国3g/人/日(1961年は30g/人/日)、フランス5g/人/日、ドイツ2g/人/日、インドネシア3g/人/日、韓国4g/人/日(昔から少ない)、ロシア5g/人/日などがある。

意外に日本より多い国に、チェコ8g/人/日、イタリア16g/人/日、スペイン18g/人/日、英国8g/人/日、米国12g/人/日、オーストラリア10g/人/日などがあった。

大豆を搾油以外で食用(加工用も含め)にしている国は59ヶ国で、世界平均が4g/人/日で、多い国はトルコ23g/人/日、日本と韓国が21g/人/日、ルワンダが14g/人/日、北朝鮮が11g/人/日、中国とボツワナが10g/人/日、ブラジルが9g/人/日であった[30]

ラッカセイは145ヶ国で食用にされており、世界平均が4g/人/日で、多い国はチャド39g/人/日、ブルキナファソ34g/人/日、ガボン21g/人/日で、他のアフリカの国で10g/人/日前後のほか、米国9g/人/日、中国・インドネシア・ミャンマー・カナダ他が7g/人/日であった。日本は2g/人/日であった[30]

日本や中国、韓国の特色は大豆の大量食用消費国であるが他の豆類(アズキを含む)の消費は少ないという点である。 主な生産国の節で日本の豆類の自給率が約4割と記述したが、これは消費の少ない「豆類」についてであり、大豆に関しては、総需要(内訳油糧用71%・食用24%)に対する自給率は5-6%でしかなく、食用の用途別の大豆自給率で見ても豆腐25%、納豆19%、味噌醤油は9%でしかない。煮豆惣菜に関しては国産使用率が高く84%、6粒に5粒は国産大豆である[41]

栄養価[編集]

豆は炭水化物植物繊維タンパク質を豊富に含み、主に炭水化物である主食(穀物)を良く補完する食材である。食肉の消費が少ない地域では貴重なタンパク源である。多くの豆は脂質の含有量は多くはないが、ラッカセイと大豆は含油率が高く、主に搾油用に生産されている。

2R,5R-ビス(ジヒドロキシメチル)-3R,4R-ジヒドロキシピロリジンを含むマメ科植物には、血糖値の上昇を抑制する効果のあるα-グルコシダーゼ阻害作用を有するものがあり[42]アズキインゲンマメコクリョクトウリョクトウ黒大豆の順でその活性が高かった。エンドウ及びダイズではほとんどその活性を示さなかった[43]

豆の栄養価(100gあたりのグラム数)[44]
作物 炭水化物 タンパク質 脂質
合計 植物繊維
インゲンマメ 61.29 15.20 22.53 1.06
ヒヨコマメ 60.65 17.40 19.30 6.04
エンドウ 60.37 25.50 24.55 1.16
ササゲ 60.03 10.60 23.52 10.60
レンズマメ 60.08 30.50 25.80 1.06
キマメ 62.78 15.00 21.70 1.49
ソラマメ 58.29 25.00 26.12 1.53
ルピナス 40.37 18.90 36.17 9.74
油糧作物
大豆 30.16 9.30 36.49 19.94
ラッカセイ 16.13 8.50 25.80 49.24
穀物
精白米 79.95 1.30 7.13 0.66
小麦粉 76.31 2.70 10.33 0.98
トーモロコシ 74.26 7.30 9.42 4.74
イモ類
ジャガイモ(生、皮付) 18.07 1.30 2.14 0.08

ジャガイモは生で水分が約8割であり他の数値と直接は比較できないが、4倍した値が他の穀物と近い値になる。

料理と加工食品[編集]

ダール(インドのレンズマメ料理)
フリホレス(メキシコのインゲンマメの煮豆)
ベイクドビーンズとトースト(英・米のインゲンマメ料理)
クスクスとヒヨコマメ(北アフリカ料理
en:Chana masala(インド・パンジャーブのヒヨコマメ料理)
ミチロネス(スペインの地中海沿岸のソラマメ料理)
ササゲ・カレー(インド料理)
ササゲと豚足の煮込み(米国南部の料理)
フィッシュエンドチップスの付け合せのマッシュィー・ピー(イギリス料理)
インゲンマメ
消費量が最大の食用豆であり、最も多くの国で消費されている。
フリホレス - ラテンアメリカの料理。
フェジョアーダ(ライマメ、ササゲも) - ブラジルなどポルトガル語圏の料理。
チリコンカーン - テクス・メクス料理
ファバーダ - スペイン料理の1つ。
カスレ - フランス料理の1つ。
ベイクドビーンズ - イギリス料理アメリカ料理、甘めの味付けであるが、日本の煮豆の豆1カップと砂糖0.83カップほど甘くはなく[45]、豆1カップと砂糖1/8カップ、塩茶さじ1杯の甘辛い味付けである[46]
アトーレ((西)Atole) - メキシコから中米にかけてのトウモロコシや豆から作られた汁粉のような甘い飲み物。
ヒヨコマメ
2番目に消費量の多い豆であるが、消費地域は南から西アジアにかけて多い。
ファラフェル(ソラマメも) - 西アジアの料理。
フムス - 西アジアから東地中海沿岸の料理。
パコラ - インド料理の1つ。
大豆

大豆は世界レベルでは油糧作物であるが、東アジアにおいては重要な食用豆でもある。未熟果(枝豆)や完熟果が食用にされ、味噌醤油豆腐納豆など様々な食品へ加工もされる。詳細はダイズ#さまざまな大豆加工食品および豆腐#豆腐料理を参照。

エンドウ
インド料理のダル
: Soupe de pois cassés jaunes スプリット・ピーのスープ - フランス料理
: Mushy peas マッシュィー・ピー(イギリス料理)
ラッカセイ
ジーマーミ豆腐 - 沖縄料理の1つ。
ピーナツバター
ササゲ
アフリカ大陸における生産と消費が拡大している。
Lobia Ka Salan ササゲカレー - インド料理。
black-eyed pea 煮豆料理。
アズキ 汁粉など
リョクトウ 春雨モヤシ(大豆も)
レンズマメ

豆の平たい形から水に浸して戻す必要がなく[47]、ゆで時間も35-40分と短い。唯一ひとりあたりの生産量が増大している豆で、1961年から2009年にかけて1人あたりの供給量が倍になった。

コシャリ - エジプト料理の1つ。
ダール(キマメも) - インド料理の1つ。
パーパド(ヒヨコマメも) - インドの平パンの1つ。
キマメ
サンバール - インド料理の1つ。
ラッサム - インド料理の1つ。
ソラマメ
豆板醤 - 四川料理の1つ。
ファラフェル - 西アジア料理の1つ。
フールen:Ful_medames) - エジプト[48]・スーダン料理。
en:Judd_mat_Gaardebounen - ルクセンブルク料理。
es:Michironesミチロネス - スペイン料理
その他
甘納豆
ダルバート - 豆スープのついたネパールの定食。
チョレント

表現[編集]

接頭語的な用法としては、主に規模が小さく小型であるさま(豆電球豆台風、豆機関車豆戦車など)や、子供であること(豆剣士や豆記者など)の意を表す。昆虫などの和名(マメクワガタなど)にもしばしば用いられる。

また、気が小さいことや、繊細などの性格を現すこともある。ただし「まめ」と書くと勤勉であるとか根気強いなどの意味があり、「豆」という語で表されるものとはやや異なる。

ラッカセイ寒梅粉の生地で包み焼いた豆菓子は、中年の男性からは「豆」と呼ばれることが多い。

肉刺も「マメ」と読むが、大きさや形状的に豆に似ている。また豆は比較的ありふれた食材であることから、一般的なサイズ比較や形状の形容詞にもつかわれる。例えば軟膏の使用適量を表す際に「アズキ大」(アズキだい)と表現したり、腎臓の形状を指してソラマメ型などという。英語には直訳すると腎臓豆となるKidney Beanと呼ばれる豆がある。

漢字の起源[編集]

豆という漢字は古代中国で使われていた高杯(たかつき)という脚がついた食器・礼器を表す象形文字であり[49]、まめ(主にダイズ)は「菽」と書かれていた[50]。いつからか食器「豆(中国語版)」に盛られたダイズを豆と表現するようになり、現在では中国・日本とも豆といえば食物の豆を意味する。

単語[編集]

慣用句[編集]

  • 「煎り豆に花が咲く」 - あり得ないことが起きる事、衰えていたものが復活する事のたとえ。
  • 「豆を植えて稗を得る」 - 期待した結果が得られないこと。
  • 「豆を煮るにまめがらを焚く」 - 曹植(そうしょく)が兄の曹丕(そうひ)(文帝)から難題をおしつけられた故事から、兄弟や仲間どうしで傷つけあう様。
  • 「鳩を憎み豆を作らぬ」 - 些細なことにこだわり、大事なことをしないこと。
  • 「鳩が豆鉄砲を食らったよう」 - 突然の出来事に驚き、あっけに取られる様。
  • 「戸板に豆」 - 思い通りにならないたとえ。
  • 「寸馬豆人(すんば・とうじん)」 - 山水画で遠景の小さな人馬のこと。
  • 「女の中の豆炒り」 - 紅一点またはその逆。
  • 「陰裏の豆もはじけ時」・「日陰の豆も時が来れば爆ぜる」 - どんな娘も年頃になると色気づく。
  • 「陰裏豆」 - 街頭で客引きをする女。街娼。

脚注[編集]

  1. ^ a b kotobank - デジタル大辞泉 「豆」
  2. ^ 写真でわかる園芸用語集 「胚乳」
  3. ^ 写真でわかる園芸用語集 「莢果(きょうか)」
  4. ^ 写真でわかる園芸用語集 「裂開果(れっかいか)」
  5. ^ 写真でわかる園芸用語集 「節果(せつか)」
  6. ^ 楽天 「「種 アルファルファの検索結果」
  7. ^ 朝日新聞・どらく 「タマリンド」
  8. ^ BBC Mundo (西語)El frihol se origino en Mesoamerica
  9. ^ en:Peanut#Historyより。
  10. ^ Dillehay, Tom D.. “Earliest-known evidence of peanut, cotton and squash farming found”. 2007年6月29日閲覧。
  11. ^ 豆類協会 「豆の通ってきた道」
  12. ^ 豆類協会 「大豆」
  13. ^ キッコーマン 「大豆の歴史」
  14. ^ グリコ 「大豆のおはなし」
  15. ^ 豆類協会 「豆の通ってきた道」
  16. ^ 滋賀県湖北農業農村振興事務所 「滋賀県長浜市における小豆の生産振興について」
  17. ^ 豆類協会 「豆の日本への伝来の歴史」 (PDF)
  18. ^ a b 農林水産省 「いろんな豆」
  19. ^ 豆類協会 「Q&A 豆の種類について」
  20. ^ 豆類協会 「豆の主な栄養素」
  21. ^ weblio - 日本豆類基金協会 「いんげんまめ」
  22. ^ 国際連合食糧農業機関(FAO) Classifications Production/Crops/ item code=176 Beans, dry
  23. ^ kotobank - デジタル大辞泉 「豌豆豆」
  24. ^ 跡見学園女子大学 「きまめ」
  25. ^ kotobank - 世界大百科事典 「キマメ」
  26. ^ 「ささげ」
  27. ^ 豆類協会 「ささげ」
  28. ^ a b 豆類協会 「海外からの輸入」
  29. ^ en:Lupin_beans#Varieties of bean より。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 国際連合食糧農業機関(FAO) FAOSTAT
  31. ^ 国際連合食糧農業機関(FAO) Classifications Food Supply/Crops Primary Equivalent/ item code=2555 Soybeans
  32. ^ FAOの集計では生産に関しては2013-7時点で2011年分まで情報があるが、用途などの情報が含まれているCommodity BalanceやFood Supplyの情報は2009年度分までである。
  33. ^ a b c d 2010欄は2009年の値。
  34. ^ ラッカセイの豆の正味重量は約7割である。
  35. ^ 豆類協会 「国内生産」
  36. ^ 豆類協会 「海外からの輸入」
  37. ^ a b c d 豆類協会 「海外からの輸入」
  38. ^ 医歯薬出版株式会社 「日本人の食事摂取基準(2010年版)」
  39. ^ FAOの2009年度の集計によると、豆類の供給サイドでの廃棄率は3.3%、大豆やラッカセイを含む油糧作物の廃棄率は3.6%であった。
  40. ^ Bloomberg Appetite for Meat in China Means Agriculture Imports, FAO Says
  41. ^ 農林水産省 「大豆をめぐる最近の動向について H22-1」
  42. ^ 薬用食物の糖尿病予防成分、吉川雅之、化学と生物Vol.40、No.3、2002
  43. ^ 豆類ポリフェノールの抗酸化活性ならびにα-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼ阻害活性、齋藤優介ほか、日本食品科学工学会誌、Vol.54(2007) No.12
  44. ^ アメリカ合衆国農務省(USDA) Nutrient data laboratory
  45. ^ 楽天レシピ 「金時豆の甘煮」
  46. ^ allrecipes.com Boston Baked Beans
  47. ^ 豆類協会 「豆の戻し方」
  48. ^ エジプト大使館 「エジプト料理」
  49. ^ 「米・麦・肉・豆の漢字の由来・成り立ち」
  50. ^ 「豆の起源と由来」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]