ファラフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファラフェル

ファラフェルもしくはファラーフェルアラビア語: فلافل (ArFalafel.ogg falaafil[ヘルプ/ファイル]) 、ヘブライ語: פלאפל、英語: Falafel)はヒヨコマメまたはソラマメから作ったコロッケのような中東の食べ物。

各地での作り方と食べ方[編集]

水にもどしてから磨り潰したひよこ豆そら豆、またはその二つを混ぜたものにパセリコリアンダーと様々な香辛料を混ぜ丸めて揚げたものである。また、アレクサンドリアを除くエジプトでは、そら豆で作るものを「タアメイヤアラビア語: طعمية ta`amiyya)」と呼ぶ。

欧米ではマシュリク式のひよこ豆のファラフェルが最もよく知られており、エジプトから東地中海沿岸、アラビア半島南部、イランまで広い地域で愛されている食べ物である。

エジプトではそら豆のみ、シリアレバノンイラクではそら豆とひよこ豆半分ずつ、パレスティナ地方イェメンではひよこ豆のみで作ることが多い。そら豆を入れた方がファラフェルがしっとりするという。火を通してつぶしたじゃがいもブルグール (bulgur)、溶き卵を加えることもあり、イーストを加えてふっくらと揚げることもある。

イスラエル建国当時、国外からの移民が集中した時、イスラエル国内では深刻な肉不足が起こり、安価で蛋白質が豊富なファラフェルは国民の貴重な蛋白源となった。イラククルディスタンからの移民の中には先天的にグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠陥を持つ者が多く、そら豆の入ったファラフェルを食べてソラマメ中毒を起こし、死にいたることもあったため、イスラエルではそら豆のファラフェルは作られなくなった[1]

ファラフェル(タアメイヤ)はエジプトの国民食でもあり、朝昼夜を通していつでも食される。コプト正教の祝日(特に四旬節)にコプト教徒はファラフェルを大量に作って友人や近隣の住民に配る習慣がある[2]

パレスチナイスラエルではピタパントマトキュウリフムスを挟み、タヒーニ (: Tahini胡麻ペースト)ソースやフムスをかけてラップ状サンドイッチにして食べることがある。ファラフェルについてはユダヤ人アラブ人パレスチナ人)も食べ方に違いはない。そして、イスラエルやパレスチナにおいては、ファラフェルを販売している簡素な飲食店において、ファラフェルとともにプリガットなどのジュースコカ・コーラマカビービールゴールドスターなどと一緒に飲食することが多い。また、左記の飲食店において、ファラフェルだけではなくシュワルマやシュニッツェルなどもメニューとされていることが多い。

シリアレバノンなどの地域では、ホブズ・マルクーク(خبز مرقوق)またはホブズ・アル=ジャバル(خبز الجبل)と呼ばれる直径30センチほどの薄いナン状のパンにトマト、イタリアンパセリ、赤カブやキュウリの漬物などを細かく切って散らし、これもまたざっと砕いたファラフェルを散らしてソースをかけ、くるくると巻いて食べる。

備考[編集]

  • 東欧系ユダヤ人(アシュケナジム)の焼き皿料理ファルフェルはファラーフェルとは関係ない。
  • ファラーフェルの正式名称はアラビア語の「ام الفلافل(Umm al-Falāfel、辛きもの全ての母)」である[3]
  • アラビア語の「ファラーフェル」は複数形で、単数形は「フェルフラ(فلفلة、Felflah)」である。

他地域での普及[編集]

北米やヨーロッパ各国の中東料理店でもピタパンに野菜やソースとともに挟み込む形で供されている。日本でも東京都京都市奈良市にこの様に供する店がある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Joan Nathan, The Foods of Israel Today. Knopf, New York, 2001, pp. 70–71.
  2. ^ Claudia Roden. The New Book of Middle Eastern Food. Knopf, New York, 2000, p61-62. ISBN 0-375-40506-2
  3. ^ Sonia Uvezian. Recipes and Remembrances from an Eastern Mediterranean Kitchen. The Siamanto Press, Northbrook, IL, USA. 1999, p113.
  • Yael Raviv, "Falafel: A National Icon", Gastronomica, Summer 2003, 3:3:20-25. Discusses how an Arab dish became "the national food of Israel".
  • Aziz Shihab. A Taste of Palestine: Menus and Memories. Corona Publishing Co., San Antonio, Texas, 1993.