クミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クミン
Cuminum cyminum - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-198.jpg
クミン
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: クミン属 Cuminum
: クミン C. cyminum
学名
Cuminum cyminum L.
和名
ウマゼリ
英名
cumin

クミン英語: cumin、学名:Cuminum cyminum)とはエジプトなどを原産とするセリ科の一年草。種子クミン・シード、cumin seed)に強い芳香とほろ苦み、辛みがあり、香辛料としてチーズソーセージスープシチューカレーシシケバブなどに用いられる。

名称[編集]

和名ウマゼリ(馬芹)。漢名は孜然。フランス語ではキュマン (cumin)、オランダ語ではコミン(komijn)、インド亜大陸周辺ではジーラ (jeera)。

形態[編集]

一年生または二年生の草本で、高さは20-40cm程度。

乾燥地に育ち、株全体に毛はなく、葉柄は長さ1cm程度と短く、針形の鞘がある。葉は細長い針型で、2回羽状に全裂する。

花は傘形花で直径2-3cm。花弁はピンクまたは白色、長楕円形で、先端がわずかに欠ける。 種子は長楕円形で両端が狭く、長さ6mm、幅1.5mm程度、全体が白い剛毛に被われている。 花期は4月ごろで、5月ごろに種子ができる。

利用[編集]

クミン・シード
粉末に挽いたクミン

種子のクミン・シード(cumin seed)は、南アジア中東中央アジアの料理に香辛料としてよく用いられる。カレー粉にも配合され、カレーに特有の香りとわずかな辛味を与える。

香りの主成分はクミンアルデヒド (cuminaldehyde/ (H3C)2CHC6H4CHO)。

インド料理には必須のスパイスのひとつで、様々な料理を作る際に、始めに油に香りをつけるためにクミン・シードを油で熱する。ガラムマサラチャツネを作る際にもよく使われる。

また、トルコ料理ウイグル料理ポーランド料理レバノン料理モロッコ料理スペイン料理でも非常によく用いられる。

メキシコ料理テクス・メクス料理ではチリコンカーンなどに用いられるチリパウダーに配合される。

オランダライデンにはライツェ・カース(Leidse kaas)と呼ばれる、クミンを練りこんで風味を付けたチーズがある。

その他、各国でスープパンケーキピクルスソーセージなどにも用いられる。

クミン・シードは外観が同じセリ科の香辛料であるフェンネル(小茴香)と似るので混同に注意。