ミツバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミツバ
Cryptotaenia japonica1.jpg
ミツバの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ミツバ属 Cryptotaenia [1][2]
: C. japonica
亜種 : ミツバ C. japonica subsp. japonica [3]
学名
Cryptotaenia canadensis (L.) DC.
subsp. japonica (Hassk.) Hand.-Mazz. (1933)[3][4]
シノニム
  • C. japonica Hassk.[5]
  • C. canadensis auct. non (L.) DC.[6]
  • C. canadensis (L.) DC. var. japonica (Hassk.) Makino[7]
和名
ミツバ、ミツバゼリ
英名
Japanese honeywort

ミツバ(三つ葉 Cryptotaenia canadensis subsp. japonica)は、セリ科多年草和名由来が3つに分かれている様子から。

特徴[編集]

北海道から沖縄までの日本各地、及び中国朝鮮半島サハリン南千島等の東アジアに広く分布し[8]山地日陰に自生する。高さは40cmほど。6 - 8月に5枚の花弁からなるい小さなを咲かせる。葉の形状は卵形で先が細くなり尖っている。互生し、3枚からなる複葉である。縁にはぎざぎざとした重鋸歯がある。

おひたし和え物とするほか、吸い物鍋物丼物の具として広く用いられる。

日本での栽培[編集]

江戸時代から栽培され、今日では主にハウス水耕栽培したものが周年出荷されており、茎と葉が食用とされる、さわやかな香りが特徴の香味野菜ハーブ)。β-カロテンを多く含む緑黄色野菜である。山菜としてはから初夏である。野生のものは一般的に、ハウス栽培のものよりも大きく香りも強い[9]が、筋張っているものもある。またアントシアニンを含む赤色のミツバも存在する。

2010年平成22年)の収穫量は16,400t、出荷量は15,300t。作付面積は1,110ha。都道府県別の収穫量割合は、千葉県 19%、愛知県 17%、茨城県 11%となっており、この3県で全国の約50%を占める[10]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  2. ^ 大場秀章(編著) 『植物分類表』 アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cryptotaenia canadensis (L.) DC. subsp. japonica (Hassk.) Hand.-Mazz.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月29日閲覧。
  4. ^ Missouri Botanical Garden. “Cryptotaenia canadensis subsp. japonica (Hassk.) Hand.-Mazz.”. Tropicos. 2012年7月29日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cryptotaenia japonica Hassk.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月29日閲覧。
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cryptotaenia canadensis auct. non (L.) DC.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月29日閲覧。
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cryptotaenia canadensis (L.) DC. var. japonica (Hassk.) Makino”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月29日閲覧。
  8. ^ 山岸 喬 『北海道 薬草図鑑 野生編』 北海道新聞社、1992年ISBN 4-89363-662-6
  9. ^ 栽培および野生ミツバの形態ならびに生態に関する研究 園芸學會雜誌 Vol.33 (1964) No.2 P117-124
  10. ^ 農林水産省/平成22年産秋冬野菜、指定野菜に準ずる野菜等の作付面積、収穫量及び出荷量 農林水産省


関連項目[編集]

外部リンク[編集]