サルサパリラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルサパリラ
クロンキスト体系
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: サルトリイバラ科 Smilacaceae
: シオデ属 Smilax
: サルサパリラ S. regelii
学名
Smilax regelii
Killip & Morton
英名
Sarsaparilla

サルサパリラ (Sarsaparilla) とはサルトリイバラ科シオデ属(サルトリイバラ属)の植物である。熱帯アメリカ原産のSmilax regelii、またはその近縁種を指す。中国名は土茯苓(どぶくりょう)とされるが、こちらは別種Smilax glabraである。

効能[編集]

強壮、駆風、発汗作用、利尿、解毒、血液浄化、抗炎症、肝臓保護、鎮咳消炎など。

サルトリイバラ属はつる植物で全世界に約350種が分布し、古くからハーブ山菜生薬漢方薬に用いられ、リューマチ痛風風邪解熱剤として使用され、ヨーロッパでは16世紀から淋病梅毒などの性病の治療薬としても用いられていた。サポニン配糖体が多く含まれ、一時は運動能力を高めるとして、ステロイド剤としても使われたことがあった。その他皮膚疾患(おでき、ただれ、ニキビ湿疹乾癬)、水銀中毒の薬の材料としても使われていたのである。利用部位は主に乾燥した根及び根茎である。

サルサパリラの果実(上記写真と別種S. aspera

サルサパリラを用いた食品[編集]

  • 亀苓膏(亀ゼリー)
  • サルサパリラ・ドロップ&キャンディ(ヨーロッパで売られている)
  • サルサパリラ・スティック(棒状のお菓子)

サルサパリラを用いた清涼飲料[編集]