フェヌグリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェヌグリーク
Illustration Trigonella foenum-graecum0.jpg
フェヌグリーク
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: フェヌグリーク属 Trigonella
: コロハ
T. foenum-graecum
学名
Trigonella foenum-graecum L.
和名
コロハ
英名
Sicklefruit fenugreek
Fenugreek

フェヌグリーク学名: Trigonella foenum-graecum英語名: fenugreek)は、ハーブ香辛料の一種でもある、マメ科の一年草植物。フェヌグリーク属[1]中の代表的な1地中海地方原産で、古くから中近東アフリカインドで栽培された。

呼称[編集]

英名 fenugreek は大雑把に言って古いラテン語: faenum graecum 「ギリシアの馬草(まぐさ)」に由来。 この古語がやや変化して現在の種小名ともなっている。

日本語では「フェネグリーク」の名もよく見かける。 またスパイス名としては「メッチ(シード)」「メティー(シード)」などとも呼ばれ、これはヒンディー語 methi / मेथी メーティー に由来するとされる。 中国名は「胡廬巴」(húlúbā; フールーパー)。 こちらは生薬名として日本にも入り、使われた。日本語で「胡廬巴」を「ころは」と読む。

特徴[編集]

枝分かれしながら60cmほどにまで成長し、黄色か白い花を咲かせた後に細長い豆果を付ける。種子は、メープルシロップ様の香りと若干の苦味をもつ。

利用[編集]

全草を牧草とするほか、種子をスパイスとしてカレー粉などに用いたり、また、もやしとしても利用されている。アフガニスタンではデザートとして種子を入れた甘いを作り、イエメンでは、種子を水に浸してズーグという調味料を作る。種子を水に浸してから挽いたものを南インドの軽食ドーサの生地に入れることもある。

インドイランでは、苦味のある葉を葉菜として利用する。葉はインドでは क़सूरी मेथी (カスーリー・メーティー)、イランではこの植物を شنبلیله (shanbalîleh シャンバリーレ) と呼ぶ。

薬用[編集]

漢方では補腎や、強壮、健胃に良いとされている。2011年、動物実験によってフェヌグリークが脂肪蓄積抑制や血中コレステロール低下に関与することが報告されている [2] [3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学名: genus Trigonella異名:レイリョウコウ属(霊陵香属)、トリゴネラ属。
  2. ^ 村木悦子、松岡知里・ほか「フェヌグリークは正常ラットの脂肪蓄積抑制に関与する」、『日本栄養・食糧学会誌』第64巻第2号、日本栄養・食糧学会、2011年、 99-106頁、 ISSN 0287-3516NAID 130000861122
  3. ^ 村木悦子、加園恵三「フェヌグリークシードの脂質代謝改善作用と抗肥満作用 (特集 スパイスでヘルスケア その生理作用と効用)」、『Aromatopia』第20巻第5号、フレグランスジャーナル社、2011年、 24-27頁、 ISSN 09184295NAID 0019007919

外部リンク[編集]