マサラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マサラヒンディー語मसाला masālā マサーラー)は南アジア料理における用語で、様々な香辛料を粉状にして混ぜ合わせた物を指す[1]。様々な料理用のマサラが存在する。

このマサラは他国でも販売されており、様々な料理に使用される事がある。

マサラの種類[編集]

種類は多数存在する。いくつかの例を示す。

ガラムマサラ
干した香辛料を混ぜ合わせたもので、基本的なマサラとされている。
カルダモン・マサラ、コリアンダー・マサラ、チャナ(ヒヨコマメ)・マサラ
一つの香辛料の風味を強調したもの。
チャート・マサラ Chaat masala चाट मसाला
上に同じく一つの香辛料の風味を強調したもので、ミントを配合するため特に塩気が強いとされている。普段、生野菜(主にキュウリニンジン等のスティック野菜)に少量振りかけて食すためにある[2]

なお、基本的には伝統的なインド料理でのマサラは、各家庭、各料理店において、主婦・料理人が配合するものである。イギリスにおいてカレーの材料として、マサラを予め混合して市販したものが、カレー粉のルーツともされている(カレー粉を参照)。現在ではインドに逆輸出され、インドでもカレー粉や予め混合済みのマサラを用いるようになったが、インスタント食品的な位置づけである。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社ナイル商会 - マサラ
  2. ^ インド料理レストランMAYAコラム:◇◆チャートマサラ◆◇ - livedoor Blog(ブログ)

関連項目[編集]