チャイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイブ
Allium schoenoprasum(01).jpg
チャイブ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ネギ亜科 Allioideae
: ネギ属 Allium
: セイヨウアサツキ
A. schoenoprasum
学名
Allium schoenoprasum
和名
セイヨウアサツキ
エゾネギ
英名
Chives
チャイブ、生
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 126 kJ (30 kcal)
炭水化物 4.35 g
- 糖分 1.85 g
- 食物繊維 2.5 g
脂肪 0.73 g
- 飽和脂肪酸 0.146 g
- 一価不飽和脂肪酸 0.095 g
- 多価不飽和脂肪酸 0.267 g
タンパク質 3.27 g
- トリプトファン 0.037 g
- トレオニン 0.128 g
- イソロイシン 0.139 g
- ロイシン 0.195 g
- リシン 0.163 g
- メチオニン 0.036 g
- フェニルアラニン 0.105 g
- チロシン 0.095 g
- バリン 0.145 g
- アルギニン 0.237 g
- ヒスチジン 0.057 g
- アラニン 0.148 g
- アスパラギン酸 0.303 g
- グルタミン酸 0.677 g
- グリシン 0.162 g
- プロリン 0.216 g
- セリン 0.148 g
水分 90.65 g
ビタミンA相当量 218 μg (24%)
- βカロテン 2612 μg (24%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 323 μg
ビタミンB1 0.078 mg (6%)
ビタミンB2 0.115 mg (8%)
ビタミンB3 0.647 mg (4%)
パントテン酸(ビタミンB5 0.324 mg (6%)
ビタミンB6 0.138 mg (11%)
葉酸(ビタミンB9 105 μg (26%)
コリン 5.2 mg (1%)
ビタミンB12 0 μg (0%)
ビタミンC 58.1 mg (70%)
ビタミンD 0 IU (0%)
ビタミンE 0.21 mg (1%)
ビタミンK 212.7 μg (203%)
カルシウム 92 mg (9%)
鉄分 1.6 mg (13%)
マグネシウム 42 mg (11%)
マンガン 0.373 mg (19%)
セレン 0.9 μg (1%)
リン 58 mg (8%)
カリウム 296 mg (6%)
塩分 3 mg (0%)
亜鉛 0.56 mg (6%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

チャイブAllium schoenoprasum: Chives: Ciboulette: Cipollina)は、ネギ属葉菜または根菜セイヨウアサツキエゾネギともよばれる。鱗茎が分球し群生するので、特に英語ではchivesと複数形で書かれる。

ラッキョウに似た地下茎を持つ。葉は細い円筒形で先がすぼまっている。

なお、アサツキ (A. schoenoprasum var. foliosum) はチャイブの変種である。

特徴[編集]

形態的にはアサツキによく似ているが、チャイブには鱗茎がなく、アサツキが夏になると休眠することに対して、チャイブは冬に地上部は枯れるが休眠はしない。

アサツキと混植すると交雑しやすく、容易に雑種が出来てしまうので注意が必要。繁殖はタネ、または株分けによって行える。

栄養成分[編集]

カロテンを豊富に含む緑黄色野菜である。 ネギの芳香成分(硫化アリル)を多く含むことからネギと同じ芳香を持つ。硫化アリルにはビタミンB1と結合して、糖質をエネルギーに変えやすくする作用がある。また薬味として取ると食欲増進効果がある。

調理法[編集]

西洋料理では日本のネギのようにつかわれている。主に刻んで料理にふりかけて調味料として使われる。 豊富に含まれるカロテンは、油で炒めてから使うと体内での吸収がよい。

ベークドポテトポテトサラダスープの浮身、オムレツの具などによくあう。バターと混ぜてチャイブバターとしてもよい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]