陳皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陳皮 (ちんぴ、英語: Citrus Unshiu Peelラテン語: Aurantii nobilis pericarpium)は、本来中国では、熟したミカン科マンダリンオレンジ果皮を干したもので漢方薬の原料のひとつ。日本では熟したウンシュウミカンの果皮を乾燥させたもので代用している。日本薬局方においては、ウンシュウミカン又はマンダリンオレンジの成熟した果皮と定義されている[1]

薬理作用[編集]

陳皮(生薬)

成分としてヘスペリジン[1]ルチン[2]などフラボン配糖体が挙げられる。血圧降下作用もあり、漢方では芳香性健胃、鎮咳薬として、食欲不振、嘔吐疼痛などに対して用いられる。外皮を陰干しして乾燥させ、1年以上たったものが生薬として利用される。

また古くなったもの、陳旧なものがよいということから陳皮と呼ばれ、未成熟の青い皮を干したものは青皮と呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]