ミモザ (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミモザ
Mimosa cocktail.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク[1]
ベース シャンパン
副材料 オレンジ・ジュース
度数 6度[2] - 8度[3]
黄色
詳細情報
作成技法 ビルド
グラス フルート型シャンパン・グラス
テンプレートを表示

ミモザ (mimosa) は、シャンパン・ベースのカクテル。正式名称は『シャンパン・ア・ロランジェ』(オレンジ・ジュース入りのシャンパン Champagne à l'orange)。

由来[編集]

ミモザ黄色い花をつける事から、このカクテルの色とミモザの花の色が似ている為、この花の名前がそのままカクテルの名前になったと言われている。

標準的なレシピ[編集]

  • シャンパン - 60ml
  • オレンジ・ジュース - 60ml

作り方[編集]

フルート型のシャンパン・グラスにシャンパンを注ぎ、オレンジ・ジュースで満たして、軽くステアする。

備考[編集]

シャンパン以外のスパークリング・ワインをベースにして作られることもある[2]。この場合はシャンパンベースではないので「シャンパン・ア・ロランジェ」とは呼ばない。

類似のカクテル[編集]

ミモザと同じ材料(シャンパンとオレンジ・ジュース)をタンブラーに注いで軽くステアすると、バックス・フィズ (bucks fizz) と呼ばれるカクテルになる[4]。バックス・フィズとミモザの違いは使用するグラス以外に、ミモザはグラスに氷を入れないのに対しバックス・フィズはグラスに氷を入れるという点がある[4]。バックス・フィズもミモザ同様シャンパン以外のスパークリング・ワインをベースにして作られることもある[4]。なおタンブラーはフルート型シャンパン・グラスより容量が多いため、バックス・フィズを作る際はタンブラーを満たすようにシャンパンとオレンジ・ジュースの量を適宜調節する。

脚注[編集]

  1. ^ 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p.328 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ a b ホテルパシフィック東京 監修 『カクテル大全1000』p.239 永岡書店 2008年9月10日発行 ISBN 978-4-522-42269-4
  3. ^ 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.67 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X
  4. ^ a b c ホテルパシフィック東京 監修 『カクテル大全1000』p.236 永岡書店 2008年9月10日発行 ISBN 978-4-522-42269-4