キンカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンカン
Citrus japonica2.jpg
マルミキンカン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: キンカン属 Fortunella
学名
Fortunella
和名
キンカン(金柑)
英名
Kumquat、Cumquat

キンカン(金柑)は、ミカン科キンカン属 (Fortunella) の常緑低木の総称である。別名キンキツ(金橘)ともいう。

概要[編集]

中国長江中流域原産。俳句では秋の季語になっている。 英語などの「Kumquat」もしくは「Cumquat」は「金橘」の広東語読み「gam1gwat1 (カムクヮト)」に由来する。

日本における2010年の収穫量は3,732 トンであり、その内訳は宮崎県2,604 トン、鹿児島県873 トン、その他255 トンとなっている[1]

利用[編集]

食用[編集]

果実は果皮ごとあるいは果皮だけ生食する。皮の中果皮、つまり柑橘類の皮の白い綿状の部分に相当する部分に苦味と共に甘味がある。果肉は酸味が強い。果皮のついたまま甘く煮て、砂糖漬け、蜂蜜漬け、甘露煮にする。甘く煮てから、砂糖に漬け、ドライフルーツにすることもある。

薬用[編集]

果実は民間薬としてや、のどの痛みに効果があるとされ、金橘(きんきつ)という生薬名でいうこともある。果皮にはヘスペリジン(ビタミンP)を多く含む。

観賞用[編集]

観賞用として庭木として植えられることも多い。剪定に強いので生垣や鉢植え、盆栽にもできる。広東省香港では、旧正月を迎える際に柑橘類の鉢植えを飾ることが多く、キンカンも好まれる。

[編集]

キンカン属には4 - 6種が属する。 カンキツの分類学Swingle博士が4種、Tanaka博士が6種と設定しており、 前者はニンポウ・フクシュウキンカンを雑種として種から外している。

  • マルミキンカン(丸実金柑)・マルキンカン(丸金柑)・ヒメタチバナ(姫橘) Fortunella japonica
  • ナガミキンカン(長実金柑) Fortunella margarita
  • フクシュウキンカン(福州金柑)・オオミキンカン(大実金柑)・チョウジュキンカン(長寿金柑) Fortunella obovata
  • ネイハキンカン・ニンポウキンカン(寧波金柑)・メイワキンカン(明和金柑) Fortunella crassifolia
  • ホンコンキンカン(香港金柑)・マメキンカン(豆金柑)・キンズ(金豆) Fortunella hindsii - 観賞用
  • ナガハキンカン(長葉金柑) Fortunella polyandra

主な品種[編集]

  • ぷちまる - 種無し金柑(正確には数粒のしいな種子が入ることがある)
    ナガミキンカン×四倍体ニンポウキンカンの交配から生まれた三倍体種間雑種。
  • スウィートシュガー - 極甘品種の金柑

マルミキンカン[編集]

特徴[編集]

樹高は2mほどになる。枝は分岐が多く、若い枝には短い刺があることがある。

葉は互生する。長さは5-7cm、長楕円形で厚みがあり周囲には浅い鋸状歯がある。葉が上側に反っていることが多い。葉柄には小さな翼があるがないものもある。

夏から秋にかけて3-4回、2-3cmほどの白い五弁の花をつける。雌しべは1本、雄しべは20本。花の後には直径2cmほどの緑色の実をつける。(初夏につけた花は実がならないことが多い。)晩秋から冬にかけて実は黄色く熟する。

ニンポウキンカン[編集]

歴史[編集]

日本への渡来に関しては以下のような逸話がある。江戸時代の商船が遠州灘沖で遭難し清水港に寄港した。その際に船員が清水の人に砂糖漬けの金柑の実を贈った。その中に入っていた種を植えたところ、やがて実がなり、その実からとった種が日本全国へ広まった。 しかしそれ以前から日本に渡っていたという説もある。

主なブランド[編集]

  • たまたま - 宮崎県産。JAブランド。開花結実から約210日以上を経過し、糖度が16度、直径2.8 センチメートル以上の寧波金柑につけられる。
  • たまたまエクセレント - 宮崎県産。JAブランド。上記の「たまたま」の中でもさらに糖度18度、直径3.3 センチメートル以上の寧波金柑につけられる。

写真[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]