ミカン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカン属
Citrus unshiu2.jpg
ウンシュウミカン(Citrus unshiu)の花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
亜科 : ミカン亜科 Aurantioideae
: ミカン連 Citreae
: ミカン属 Citrus
学名
Citrus L.

ミカン属(みかんぞく)は、ムクロジ目 ミカン科である。学名 Citrus(シトラス、キトルス)。

ウンシュウミカンナツミカンユズなどがこの属に属する。属名は、ラテン語シトロンを意味する citrus(キトルス)に由来。


分類[編集]

履歴[編集]

米国のウォルター・テニソン・スウィングル英語版は、ミカン属に16の種しか見出さなかった。しかしスウィングルに師事した日本の柑橘類の権威は、自然界からの標本採取ではなく、がんらい栽培種として育てられてきた種類に着眼し、それらを分類学者が種として発表することを可能とする"Hort." (Hortulanorum)の制度を提唱した(1928年国際園芸学会議ウィーン )[1]。その結果、田中長三郎は長年の研究により、ミカン属を細かく160前後の種に分類した[1][2]

ところが現在の研究では、一般的に真正の種と認められておらず、ほぼ交配雑種・品種だとみなされている。例えば、田中による種 Citrus clementina Hort. ex Tanaka[1]は、じつは交配種Citrus × clementinaとされている。近年の遺伝子型表現型を比較した研究では、ミカン属の原種はわずか4種程度とされており[3]、つまりそれ以外はほとんど雑種であるというのが一般結論である。

田中長三郎のように、細かく種を分ける学者は、「スプリッター」("splitter")、スウィングルのように種の定義を広くとる学者を「ランパー」("lumper")[2]と評する。長三郎の仕分けシステムは、分類学上の有効性がなくとも、特に日本の多くの品種を分類化するのに、便宜性があり、香味成分、栽培論などではいまだに用いだされる例もあるようだが、遺伝子的な近似を比較した研究では、長三郎の分類したと同じグループ化(クラスタリング)をしていないという結果も出ている[1]

典拠[編集]

  1. ^ a b c d Nicolosi, Elisabetta (2007). “Origin and Taxonomyeditor-last=Khan”. Citrus Genetics, Breeding And Biotechnology. CABI. p. 33. ISBN 1845931939. http://books.google.co.jp/books?id=pKlNrSR_8IEC&pg=PA33. 
  2. ^ a b Page, Martin (2008). Growing Citrus: The Essential Gardener's Guide. Timber Press. p. 30. ISBN 0881929069. http://books.google.co.jp/books?id=tk7DaWYvuPAC&pg=PA30. 
  3. ^ Scora and Kumamoto (1983)など。Martinが言及

画像[編集]