ジャバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャバラ
Citrus jabara by OpenCage.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
亜科 : ミカン亜科 Aurantioideae
: ミカン属 Citrus
: ジャバラ C. jabara
学名
Citrus jabara
hort. ex Y. Tanaka
和名
ジャバラ

ジャバラは、ミカン属柑橘類の一種で自然交雑種である。和歌山県東牟婁郡北山村が原産地である。北山村ではジャバラで村おこしに取り組んでいる。

概要[編集]

遅くとも江戸時代の頃より、北山村で庭先栽培されてきたが、1979年に品種登録され、村営農場で1985年に初収穫を得た[1]。1997年に種苗法上の品種登録は失効しているが[注 1]、「じゃばら(邪払)」の名称は北山村を権利者として商標登録されている[要出典]

5月頃に開花して実をつけて、11月下旬から12月上旬頃に収穫される。じゃばらの名前は「邪」を「祓う」ことから名付けられたといわれる[1]

としての学名 (Citrus jabara hort. ex Y. Tanaka) の記載は田中諭一郎による[2][注 2]。ただし、現在の分類学上、真正の種としては一般に認識されない[注 3][注 4]

日本における2010年の収穫量は119.3 トンで、県別で見ると和歌山県(北山村、紀の川市など)の生産が100.5 トンと全国の84%を占める。次いで三重県が10.5 トンで熊野市紀北町が主要産地、愛媛県8.0 トン(今治市宇和島市)、高知県0.3 トン(四万十町)と続く[3]

沿革[編集]

江戸時代から北山村の庭先に植樹されてきたもので、北山村竹原地区に加え、北山川の対岸、県境の向こうの三重県熊野市神川町花知地区にも、植えられていたとの考察がある[2]。(ちなみに北山村は日本唯一の飛び地の村である[4]

品種登録による育成者権は1997年に切れているが、それまでジャバラの産業は、低迷の一途をたどっていたため、その時点で他の自治体や農家がすぐにジャバラを栽培したり、商品を市場化する動きは見られなかった[5]。その後、2001年のネット販売の急成長を契機に、他県などで後追い的に栽培が始められた。

  • 1971年 - 田中諭一郎が、現地調査し、ユズ系の柑橘類と認定[2]
  • 1977年 - 福田国三が、本種を北山村の特産品として出荷することを提言[1]
  • 1979年 - 11月1日、当時の農産種苗法(現今の種苗法)において品種登録[1][6]
  • 1982年 - 受粉の雑交配が少ない山間部に村営栽培地の造成を始める[1]
  • 1985年 - 初収穫[1][2]
  • 1997年 - 種苗法上の品種登録が失効(育成権の消滅)[1][6][注 1]
  • 2001年 - 楽天市場でのネット販売を契機に需要が急増

利用[編集]

北山村では昔から正月料理(さんま寿司昆布巻海苔巻き)の調理の際、搾り汁を食酢として利用していた[2]。生果や果汁は、そのような寿司酢や鍋物・湯豆腐用として出荷される[7]

また、ゆずに比べて酸味が強いため、加工品に向いており[8]、搾汁したものを冷凍貯蔵して、様々に利用される[8]。加工製品の主力はドリンク系(100%果汁やジャバラワイン)で、他にもポン酢ジャムマーマレード、ゼリーなどに加工される[8][7]

また、果汁には、フラボノイド成分が豊富に含まれており、花粉症の症状改善の効能が報告されている(岐阜大学医学部の研究、「臨床免疫・アレルギー科」50巻3号(2008年9月)にて発表[9])。

注釈[編集]

  1. ^ a b 登録品種データベースでは消滅日が1991/11/02とあるが、それでは登録年月日1979/11/01+有効期限18年の計算と合わないので、箸本 2010, p. 50 (n11) の1997年を正解とする
  2. ^ 田中 1980, pp. 116-, 「日本柑橘図譜(続篇)」に記載があるが、初出記載文献か分からない
  3. ^ Citrus jabara hort. ex Y. Tanaka も著者 (Y.Tanaka) も、米農務省 GRINIPNI らのデータベースに登録がない
  4. ^ #中央果実協会サイト ジャバラ「2.分類と品種」では、ジャバラは「スウィングルの分類によるカンキツ属の16種及び田中長三郎の分類による162種の中には含まれていない」。よって文献の中に ex Tanaka と誤記するものがあるが、"Tanaka"は父親の田中長三郎のことであり、誤りである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 箸本 2010, p. 46
  2. ^ a b c d e #中央果実協会サイト ジャバラ「2.分類と品種」
  3. ^ 農林水産省 (MAFF). “特産果樹生産出荷実績調査”. Feb-2012閲覧。 都道府県別(平成22年産)Excel
  4. ^ 箸本 2010, p. 44
  5. ^ 箸本 2010, pp. 48-50, n11
  6. ^ a b 農林水産省 (n.d.). “登録品種データベース”. 登録品種データベース. 2012年10月25日閲覧。 じゃばら(登録番号 10)
  7. ^ a b #中央果実協会サイト ジャバラ「5.消費」
  8. ^ a b c 箸本 2010, p. 48
  9. ^ 箸本 2010, pp. 48, 51

参考文献[編集]

外部リンク[編集]