ゆべし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゆべし(柚餅子)とは、柚子を用いた加工食品あるいは和菓子の一種。

概要[編集]

源平の時代に生まれたとも伝えられる。菓子というよりも保存食・携帯食に近いものだったとされ、時代とともに現在のような菓子へ変化したといわれている。現在では珍味に分類されるものと、和菓子の一種(蒸し菓子や餅菓子など)に分類されるもの、その他のものに分けられる。

全国各地で様々な形状・味のゆべしが存在している。製造法も異なり、千差万別である。中には、各地のゆべしを食べ歩く事を趣味とする通もいる。

珍味のゆべし[編集]

珍味のゆべし(長野県天龍村)

柚子の実の上部を切り取った後、中身をくり抜き、この中に味噌山椒胡桃などを詰めて、切り取った上部で蓋をする。そして、これを等に巻いて日陰で1ヶ月〜半年ほど乾燥させる。食べる際には、藁を外して適宜に切り分け、酒の肴やご飯の副食物として用いる。

古来からある料理で、江戸時代の料理書『料理物語』には酒肴としてゆべしの製法が記されている。現在でも、愛媛県松山市奈良県十津川村和歌山県田辺市龍神村長野県天龍村岐阜県恵那市串原(旧串原村)や旧笠置村などで製造されている。

和菓子のゆべし[編集]

丸柚餅子(石川県輪島市)

丸柚餅子[編集]

柚子の実の上部を切り取り、そこから中身をくり抜いて柚釜を作り、そこに柚子皮、餅米粉、砂糖などを混ぜたものを入れて蒸したもの。蒸しあげと乾燥に約半年かかるため、手間と時間を要する製法から非常に高価で贅沢な商品である。また、柚釜に使用される柚子も傷のない、上質なものが必要とされるため、贅沢な茶菓として茶席で供される機会も多い。

丸柚餅子の代表的な産地は石川県輪島市で、丸柚餅子は輪島塗行商人が携行食として、また顧客への手土産として広まったとの説が有力である。[要出典]

2013年公開の映画『武士の献立』に丸柚餅子が登場。柚餅子総本家中浦屋(輪島市)が協力している[1]

棒ゆべし(竹皮ゆべし)[編集]

柚子の皮を刻んだものともち米粉、上新粉、白味噌、醤油、砂糖などを混ぜて蒸し、の皮に包んだもの。

棒ゆべしの代表的な産地には愛媛県西条市がある。

東北地方のゆべし[編集]

くるみゆべし(宮城県仙台)

東北地方のゆべしは、本来の柚子の菓子ではなく、餅菓子となっている。柚子の産地から距離があり、材料として使われにくかったため、柚子が入っていない。また、材料として入手しやすかった胡桃を入れる。江戸時代以前はクルミは山村にとって貴重な蛋白源と脂肪分だった。

店頭では「油べし」と表記されることもある。

味付けは醤油ベースであり、砂糖・黒砂糖の甘みにより、甘いものになっている。

東北地方のゆべしは、2種類に大別される。

  • 棒型
仙台市盛岡市山形市などでは、棒状の「くるみゆべし」や「胡麻ゆべし」を切ったものが食される。
  • 三角型
福島県田村郡三春町では、をゆべし生地で包んだ、三角の饅頭型ものが広く知られている。福島県で単に「ゆべし」と言うと、こちらを指す場合が多い。

例外として、福島県奥会津地方では20*5cmほどのかまぼこ型にさい箸などで二本の筋を整形し、山椒の皮の粉末の入った餅菓子である。 製法としてはきりせんしょと同じでもち米粉に砂糖と山椒の実の皮の粉末を混ぜ、練ったものを蒸して作る。岩手方面のきりせんしょからの派生、名称の混交と思われる。

備中のゆべし[編集]

岡山県の旧備中国は柚子の産地であったため、高梁市矢掛町で江戸時代から地元産の柚子を用いたゆべしが製造されている。

岡山県のゆべしは形状が様々なのが特徴である。高梁のゆべしには薄い平板状のもの、薄い棒状・紐状のものを結んである形のもの、サイコロ状のもの、また上述の丸ゆべしなどがあり、矢掛のゆべしには羊羹を用いて丸ゆべしに類似した形状のもののほか、紐状のものを結んだ形のもの、上述の竹皮ゆべし(棒ゆべし)や丸ゆべしなどがある。

高梁のゆべし[編集]

柚子、もち米粉、水飴、砂糖などを用いて製造され、餅のように柔らかくモチモチとした食感である。表面には砂糖がまぶしてあり、薄黄色・白っぽい色をしている。土産菓子としてだけでなく、地元では健康食品としても親しまれている。

かつて松山城下に居住した小堀遠州が考案したとされる。現在も県内産、特に高梁市内産の柚子が使用される。

派生として味噌風味の「味噌ゆべし」などもある。また、同地には「ゆねり(柚練)」という柚子製品も存在する[2]

矢掛のゆべし[編集]

柚子のヘタ付近を切り、中をくりぬき、その中に柚子風味の羊羹を練り込んで蒸したもので、丸ゆべしに類似している。

羊羹の代わりに餡などを入れる派生品も存在する。他にも高梁風のゆべしや味噌ゆべしなども製造されているが、前述の柚子をくり貫いたものが、矢掛でのオリジナルである。

江戸時代から名物として知られ、矢掛は山陽道の中でも大きい宿場町だったため、銘菓として参勤交代の大名達にも好まれ、同地に宿泊した天璋院(篤姫)も好み大量に食したという旨が、岡山県立博物館で発見された宿帳記録に記載されていた。他にも作家の武者小路実篤も好んだという。

矢掛は高梁に比べると規模の小さな町ではあるが、多くのゆべし製造菓子店が存在し、様々な形のゆべしがあり、独自のゆべし文化が根付いている[3]

その他のゆべし[編集]

香り付けとしてのゆべし[編集]

求肥羊羹に柚子の香りをつけたものを「ゆべし」と称する場合もある。

保存食のゆべし[編集]

柚子の皮を調味料と一緒にじっくり煮詰めたもので、伝統的な郷土料理[4]。調味料は、醤油胡椒砂糖など味によって様々である。ご飯お茶漬けのおかずとして食べたりする。

主な特産地は以下

薬味のゆべし[編集]

長崎県の壱岐では、柚子の皮だけを煮たものをゆべしと呼び、薬味として用いる。

一般的な家伝壱岐ゆべしの製法は、まず柚子の皮を薄く剥き、粉砕する。醤油を加え極弱火で加熱し1時間煮て、昆布の出汁と砂糖(柚子の皮2kgに対し三温糖10kgとザラメ1〜2kg)を加えさらに2時間煮る。仕上げに調味料を入れて30分ほど煮て完成する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武士の献立 - ぐるなびPROエンタメレストラン
  2. ^ 太田健一 『図説 新見・高梁・真庭の歴史』 郷土出版社、2009年。
  3. ^ 犬飼亀三郎 「矢掛名物ゆべし考」 『高梁川』第4号、高梁川流域連盟、1956年。
  4. ^ 徳島県の農業支援センター(ゆべし) 2013年10月2日 閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

 [1]龍神味噌加工組合(和歌山県田辺市龍神村)