参勤交代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

参勤交代(さんきんこうたい)とは、各藩の藩主を定期的に江戸に出仕させる事により、財政的負担を掛けると共に人質をも取るための江戸幕府の制度である。各藩は、藩主の江戸藩邸と国元の居城の二重の維持費が必要となり、江戸と国元との行き来のために街道の整備や、大名行列の費用、道中の宿泊費など多額の出費に迫られた。この制度により各藩は徳川家に反旗を翻す事が非常に難しくなり、徳川家が15代に亘る繁栄を築く要因となった。

参勤は一定期間主君(この場合は将軍)のもとに出仕すること、交代は暇を与えられて領地に帰り政務を執ることを意味する。

名称[編集]

「参勤交代」が一般的。江戸に出仕(勤)した時は将軍にまみえる(覲)のが通例であるため、参勤は「参覲」とも書かれる。また、交代は「交替」と書かれることがある。

寛永12年(1635年)の「武家諸法度」の参勤交代を規定する条文には

大名小名在江戸交替所相定也毎歳夏四月中可致参勤従者之員数……

と書かれており、「参勤」と「交替」が用いられている[† 1]

沿革[編集]

起源[編集]

鎌倉時代にみられた御家人鎌倉への出仕が起源とされる。

戦国時代には戦国大名の一部は自身の居城の城下町に服属した武士を集めるようになり、豊臣秀吉大坂城聚楽第伏見城で支配下に服した大名に屋敷を与え、そこに妻子を住まわせたことから全国的な参勤制度の原形ができあがった[1]。大名は1年ごとに行き来していた。

制度の完成[編集]

慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦い徳川家康が勝利して覇権を確立すると、諸大名は徳川氏の歓心を買うため江戸に参勤するようになった。家康は秀吉の例に倣って江戸城下に屋敷を与え、妻(正室)と子(男子であれば跡継ぎ)を江戸に住まわせる制度を立て、当初は自発的な参勤であったが、次第に制度として定着していき、3代将軍家光の時代の寛永12年(1635年)に武家諸法度の改定によって義務付けした[2]

寛永19年(1642年)には譜代大名にも参勤交代が義務付けられ、原則として幕府の役職者を除く全ての大名が参勤交代を行うようになった[3]

その後[編集]

参勤交代制度は、8代将軍・吉宗のときに財政窮乏を理由に部分的緩和が行われた時期を除き、江戸時代を通じて堅持された。

幕末文久2年(1862年)閏8月には、文久の改革の一環として、3年に1回(100日)の出府に緩和された。その後、元治元年(1864年)9月、禁門の変後の情勢を幕府が過信し制度を元に戻したが、すでに幕府の威信には大きく傷ついており、従わない藩も多かった。

概要[編集]

寛永12年(1635年)の参勤交代制度のもとでは、諸大名は1年毎に江戸と自領を行き来し、妻子は人質として江戸に常住しなければならないと同時に、その旅費や江戸の滞在費を全て大名に負担させていた。ただし、水戸徳川家などの一部の親藩・譜代大名、そしてほとんどの旗本は、領地が江戸に近かったり領地が小さいことから、例外として交代を行わずに江戸に常駐し、“定府”と呼ばれた。なんらかの事情で参勤交代が免除される事もあり、これを“用捨”と言った。用捨が許される理由としては、居城の火災、領地の天災飢饉、藩主の病気、代替りなどがある。また、幕府の公職にある譜代大名も同様で、交代寄合と呼ばれる格式の高い旗本は大名に準じて参勤交代を行った[4]

参勤交代制度の目的は、諸大名に出費を強いることでその勢力を削ぎ、謀反などを起こすことを抑止するためだったとされる。これには異論もあり、出費を強いて謀反を起こすのを防ぐというのは結果論でしかなく当初幕府にその意図はなかったという説が現在では有力である。もっとも、参勤交代の本来の趣旨は軍役奉仕であったため、藩財政が破綻して軍役が不可能となることは本末転倒であり、大名行列の制限を行うなどの措置を採っている。しかしながら諸大名は、見栄や威厳を示すため、しばしば制限を越える例があった。

軍役である以上、大名は保有兵力である配下の武士を随員として大量に引き連れて江戸に出仕し、また領地に引き上げねばならないため、移動の際に「大名行列」という大掛かりな行進を行う必要があった。このために費用がかさみ、参勤交代は大名の財政を圧迫することとなった。享保7年(1722年)に幕府の財政逼迫を背景に制定された上米の制では石高1万石に対し100石の米を上納させ、その代わりに参勤交代の際の江戸滞在期間を半年とする措置をとった(享保15年(1730年)に一応の成果を上げたとして廃止)。財政が豊かではない小大名でも、費用をかけずして大名行列を華美にしようとして、涙ぐましい努力をした例もあった。それほどの財力の無い藩では、大きな宿場町を通過する際のみ、臨時雇いで家来の「水増し」を行い、行列の威厳を保ちつつ、経費を節約したともいわれる。

そのほか、制度下で生まれた大名の後継ぎは全て江戸育ちとなるため、各大名を精神的に領地と結びつきにくくする効果があったともいわれる[5]

関所を通過する際には大名は普段は閉じている籠の窓を開け、関所の役人に顔を見せて通過した。幕府に対する謀反の意思がないと証明するためである。役人達は行列の人数や槍・弓などの装備をチェックし、後で幕府に報告をした。

参勤交代の行列は自然他家の領地を通過することになるが、自分の領地を他の大名が通る際には使者を遣わして贈り物し、場合によっては道の清掃・整備や渡し舟の貸出なども行っていた。また通る方も遣わされた使者に対して返礼の品を送るなどしており、通る方も通られる方も気を遣っていた。さらに、徳川御三家や幕府の役人、勅使、他の大名などとはなるべくすれ違ったり、宿が同じになったりしないよう先に偵察の者を出して経路や日程の調整も行っていた。それでも行列同士が鉢合わせになってしまった時は、それぞれの大名同士が籠から降りて、互いに頭を下げて非礼を詫びることもあったという。

この制度のために全国の街道宿場は大いに整備され、大名行列が散財してゆく膨大な費用によって繁栄した。同時に、大量の大名の随員が地方と江戸を往来したために、彼らを媒介して江戸の文化が全国に広まる効果を果たすことにもなった[6]。例えば、天保12年(1841年)の紀州徳川家11代藩主徳川斉順の参勤交代では、武士1639人、人足2337人、馬103頭を擁した。道中の枚方宿では、準備のために七里飛脚や紀州藩士が藩主が到着する数ヶ月前から来宿したと記録にあり、その準備まで含めれば多額の出費であったことが窺われる。御三家紀州侯の大名行列などは格式と威光を感じさせる大行列だったため、多くの農民が見物に訪れるほどであった。この制度による経済効果や文化的効果の影響は非常に大きく、江戸時代を通して社会秩序の安定と文化の繁栄に繋がることになった。また、参勤交代で江戸に単身赴任する各藩の家臣はかなりの数に上り、この結果、江戸の人口の約半数が武士が占めるともに遊郭が繁栄することとなった。江戸の人口が女性に比して男性の人口が極端に多いのは、この為である。

時代劇などでは、大名行列の通過に際して庶民が地に這いつくばって土下座をしているシーンがよく登場するが、実際に庶民が土下座をしなければならなかったのは自身の主君である大名と徳川家の行列のみであり、そのほかの大名には土下座をする義務はなかった。もっとも、当然のことながら行列が進んでくるのを見れば道は譲らなければならなかった。

大名行列[編集]

園部藩参勤交代行列図 (1) (南丹市文化博物館蔵)
園部藩参勤交代行列図 (2) (南丹市文化博物館蔵)
園部藩参勤交代行列図 (3) (南丹市文化博物館蔵)
各地方の主な藩の江戸までのおおよその道程・日数・大名行列の諸表[7]
現・地方 石高 藩庁 道程 日数 行列規模 経費
東北地方 伊達家仙台藩 063万石 仙台城地図 0920368km 08-9日 2000-3000人 03000-5000
北陸地方 前田家加賀藩 103万石 金沢城地図 119里(0480km) 13日 2000-4000人 05333両
山陰地方 池田家鳥取藩 033万石 鳥取城地図 180里(0720km) 22日 0700人 05500両
四国地方 伊達家・宇和島藩 010万石 宇和島城地図 255里(1020km) 30日 0300-500人 00986両
九州地方 島津家薩摩藩 077万石 鹿児島城地図 440里(1700km) 40-60日 1880人 17000両
※ 石高は表高で、千の位で四捨五入
※ 行列規模や経費は代表的な数値を記載した。江戸時代を通じて記載された数値が一定して続いていたわけではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の文書は当然手書きであり、「参」の字は康煕字典体の「參(ムムム人彡)」ではなく、異体字「(ムニニ人水)」となっている。

出典[編集]

  1. ^ 山本博文『参勤交代』第一章 参勤交代の歴史 1 参勤交代の源流 丸山雍成説より p28~p29
  2. ^ 吉村豊雄「参勤交代の制度化についての一考察:寛永武家諸法度と細川氏」 熊本大学『文学部論叢』Vol.29、1989年3月 ISSN 0388-7073 p28~p49
  3. ^ 鎌倉公方足利氏)の末裔である喜連川藩喜連川藩)だけは参勤交代の義務が無く、妻子も喜連川に居住していた。藩主は年始の際に、自主的に参府していた。(山下昌也『日本一小さな大大名 たった五千石で、徳川将軍家と肩を並べた喜連川藩の江戸時代』(グラフ社、2008年) ISBN 978-4-7662-1182-5
  4. ^ 代々采地への暇を賜う(寛政譜
  5. ^ 『江戸三〇〇年「普通の武士」はこう生きた』著・八幡和郎、臼井喜法
  6. ^ 渡邊容子「参勤交代について華頂短期大学『華頂博物館学研究』Vol.5、1998年12月 ISSN 0919-7702 p27~p44
  7. ^ 宇和島伊達家の参勤交代 (PDF) (第19回 宇和島市民歴史文化講座「そこ・どこや」 2011年1月16日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]