ロクム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスタンブルの店に並ぶ多種多様なロクム
取り分けられたロクム
皿に盛ったロクム

ロクムトルコ語: lokum)は、砂糖デンプンナッツクルミピスタチオアーモンドヘーゼルナッツココナッツ)を加えて作る、トルコの菓子。マシュリクバルカン半島ギリシャの他、欧米でも知られている。英語ではターキッシュ・ディライト(Turkish delight、「トルコの悦び」)と呼ばれる。食感は柔らかく弾力があり、日本のゆべしに似ている。

作り方[編集]

砂糖をに溶かして火にかけ、コーンスターチなどデンプンを溶き入れ、飴状になったらナッツを混ぜ入れ、デンプンをまぶした型に入れて冷まして固め、冷めたら正方形に切ってデンプンと粉砂糖をまぶす。マスティック・ガムで香りをつけることもある。

歴史[編集]

アッバース朝時代の9世紀には、すでに砂糖とデンプンを使った餅状の菓子の記録があるが、油が入っているなど、名称と製法はロクムとは異なっている。18世紀末に創業したイスタンブルのアリ・ムヒッディン・ハジュ・ベキル製菓会社によると、トルコでは15世紀から作られていた。語源はアラビア語راحة الحلقمrāḥat al-ḥalqum ; ラーハトゥル=ハルクム)「喉の満足」である。当時のロクムはデンプンの代わりに小麦粉を用い、蜂蜜糖蜜で甘みをつけていた。コーンスターチと砂糖を用いる近代的な製法は、同社によって19世紀に発明された。ヨーロッパには19世紀に伝来しもてはやされた。

商品[編集]

ネスレカナダ社が「ビッグ・ターク」(Big Turk)というロクムをチョコレートで包んだスナックバーを製造している他、イギリスオーストラリアではキャドバリー社が同じくロクムをチョコレートで包んだフライズ・ターキッシュ・ディライト(Fry's Turkish Delight)という菓子を製造している。

フィクション[編集]

C・S・ルイスの子供向け小説『ナルニア国ものがたり(1)ライオンと魔女』では、ロクム(原文: Turkish delight ; ターキッシュ・デライト)を使って白い魔女が主役の一人エドマンド・ペベンシーを誘惑する場面がある。ただし日本語版の訳者瀬田貞二は、あまりにも日本の子どもたちに馴染みがない菓子であるとして、敢えて訳すことをせず、「プリン」という言葉を訳語に選んだ。