ポンカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポンカン
TangerineFruit.jpg
ポンカン
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : アオイ類 malvids
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン連 Citreae
: ミカン属 Citrus
: マンダリンオレンジ C. reticulata
変種 : ポンカン C. r. var poonensis
学名
Citrus reticulata var poonensis (Hayata) H.H. Hu
シノニム
  • Citrus poonensis Tanaka
  • Citrus nobilis var poonensis
  • Citrus reticulata ‘Poongan’
和名
ポンカン(椪柑、凸柑)
サンタラ
英名
Ponkan
Suntara
Santra

ポンカン(椪柑、凸柑)はミカン科柑橘類の種類である。

田中長三郎は独立種 Citrus poonensis としたが、スウィングルマンダリンオレンジ Citrus reticulata に含めた。

名称[編集]

和名の中の「ポン」、および、変種名もしくは種小名 poonensis は、インドの地名プーナ (Poona) に由来する。充てられた漢字「椪」は単独では、タブノキ属 Machilus の1種 Machilus nanmu[1]、もしくは国訓クヌギを意味する。

中国語では「蘆柑」とも称するが、中国の主産地である福建省広東省台湾で用いられている閩南語潮州語では漢字で「椪柑」と書き、「pongkam」と発音する[2]ため、日本語は閩南語の音に拠っているという説もある。

特徴[編集]

果重(1個の重さ)は120–150 グラムで、完熟すれば橙色となり独特の芳香を有する。外皮はむきやすく、果肉を包む内皮は柔らかいので袋のまま食べられる。果梗部にデコが現われやすい。12–2月にかけて収穫される。

栽培[編集]

原産地はインドスンタラ地方といわれ、東南アジア諸国、中国南部、台湾南部、日本などで広く栽培され、ブラジルにも一部分布している。日本に伝わったのは明治中期。

日本での主産地は愛媛県鹿児島県高知県宮崎県熊本県など。「太田」、「森田」、「吉田」、「今津」などの品種がある。日本では生産量が少なく、台湾からの輸入が多い。

日本における2010年の収穫量は2万7698 トンであり、その内訳は、愛媛県34%、鹿児島県16%、高知県9%、宮崎県7%、熊本県6%、その他28%である[3]

雑種[編集]

「ポンカン」と「ネーブルオレンジ」との自然交配種に「タンカン」がある。「デコポン」の親でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Unihan database: 椪
  2. ^ 周長楫編、『厦門方言詞典』p255、江蘇教育出版社、1993
  3. ^ 農林水産省特産果樹生産動態等調査2013年7月23日閲覧