ギムレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギムレット
Gimlet cocktail.jpg
基本情報
種別 ショートドリンク
ベース ジン
副材料 ライムジュース
度数 29度[1] - 35度[2]
淡緑色、白色
詳細情報
作成技法 シェイク
グラス カクテル・グラス
テンプレートを表示

ギムレット(gimlet)とは、ジンベースのショートドリンクタイプカクテル

由来[編集]

1890年頃、イギリス海軍軍医であったギムレット卿が、艦内で将校に配給されていたジンの飲み過ぎを憂慮し、健康維持のためにライム・ジュースを混ぜて飲むことを提唱したことが起源とされている。他に、ギムレット(gimlet)がの意であることから、その味の突き刺すような鋭いイメージから命名されたという説もある。

標準的なレシピ[編集]

現在の標準的なレシピは、以上の通りである。

作り方[編集]

  1. シェイカーに材料を全て入れる。
  2. シェイクし、カクテル・グラスに注ぐ。

備考[編集]

ライムは、コーディアルライム(甘味付のライム・ジュース)を使うのがスタンダードだが、その場で絞ったライムの果汁を使った方が味・香りが良いという判断から、こちらが採用される場合もある。しかし、その場合はまったく甘味がなくなるので、砂糖ガム・シロップ、あるいはコーディアルにより適度の甘味を付けるのが一般的である。稀ではあるが甘味にホワイト・キュラソーなどのリキュールが使われる場合もある。

以上のように、作り手によりレシピの異なるカクテルの代表例となっている。コーディアルのみの使用なら、色は淡く透明なグリーンであるが、果汁を使うと白濁色となり、見た目のイメージも異なる。まったく甘味を加えないドライなカクテルとして作られることもあるが、多少の甘味を加えるのが主流である。

バリエーション[編集]

「ギムレットには早すぎる」[編集]

レイモンド・チャンドラーハードボイルド小説長いお別れ』中の代表的な台詞。英語の原文は「"I suppose it's a bit too early for a gimlet," he said.

カクテルブックなどでは、主人公の私立探偵フィリップ・マーロウによる台詞と誤記されることが多いが、ゲストキャラクター「テリー・レノックス」がマーロウに対して言った台詞である。台詞だけ見て「ギムレットのような強い酒を飲むにはまだ時刻が早い」という風に思われがちだが実際は異なり、物語全体における重要な意味が含まれている。

小説中には、レノックスがギムレットへのこだわりを語る場面として、「本当のギムレットはジンとローズ(社製)のライム・ジュースを半分ずつ、他には何も入れない」という台詞がある[4]。ここで言われるローズ社のライム・ジュースはコーディアルライムの事である。このレシピで作ったギムレットは、(甘味の強い)ローズのジュースを半分も入れている為、ハードボイルドなイメージと違ってかなり甘い。

その他[編集]

中央競馬で活躍した競走馬タニノギムレット2002年東京優駿優勝馬)の馬名はこのカクテルに由来する。

脚注[編集]

  1. ^ 桑名 2006, p. 52.
  2. ^ 桑名 2006, p. 55.
  3. ^ 杉田米三 『最新カクテルブック』 柴田書店1969年12月20日、80頁。
  4. ^ チャンドラー & 清水 1976, p. 27.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]