オランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランジェロ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
和名
オランジェロ
英名
Orangelo

オランジェロ(Orangelo、スペイン語:chironja)は、プエルトリコに起源を持つと考えられている柑橘類交雑種である。グレープフルーツオレンジを掛け合わせたもので、プエルトリコの高地のコーヒープランテーションで育つ。

1956年、プエルトリコ大学のCarlos G. Moscosoは、プランテーションの他の木と比べ、大きくて明るい実を付ける木があるのに気づいた。そして接ぎ木によって、chironjaとして知られる交雑種の開発に成功した。

オランジェロは、グレープフルーツと同様に、半分に切ってスプーンで食べられることが多いが、グレープフルーツよりも甘くて色が明るい。また、皮を剥くのも容易である。

外部リンク[編集]