シェイカー (調理器具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェイカーとバースプーンとメジャーカップ

シェイカー または シェーカー: shaker)とは、カクテルなどを作るための器具の1つである。金属で出来ていることが多く、ステンレス洋銀などで作られる。稀にガラス製や陶製のものもある。


「シェーカー」という場合にはカクテルを作るためのカクテルシェーカーを指すことが多いが、振り出しながら用いる調味料入れも「シェーカー」という(を入れるためのソルトシェーカー、胡椒を入れるためのペッパーシェーカーなど)。

シェーカーの役割[編集]

シェーカーの役割として、

  1. カクテルの材料の中で、混ざりにくい材料(比重が大きく違う同士や、鶏卵牛乳ジュースクリームなど)を混合する。
  2. アルコール度数が高すぎる酒を空気と混ぜ合わせまろやかにする。(「酒のカドを取る」と言う)
  3. カクテルの材料を冷却する。

というものがある。

ここで冷却について少し補足する。シェーカーを、ただ振っただけでは、もちろん材料の冷却は不可能である。まして、シェーカーは手で持って振るので、体温の影響で、かえって温度が上がってしまうこともある。しかし、通常、シェーカーにはを入れて使用するため、これにより、シェーカー内に入れた飲料を急速に冷却することができる。冷たいタイプのカクテルは、温度が上がってぬるくなってしまうと、美味しさが損なわれるとされるため、なるべく低い温度に仕上げる際に用いられる、飲料の冷却法の1つ としてシェーカーが利用される。

Shaker.JPG

シェーカーの構造[編集]

シェイカーは3つの部品からなる。トップストレーナーボディである。

  • ボディは金属のコップ状である。シェイカー全体の7割ほどの大きさである。
  • ストレーナーは、逆漏斗状の部品である。
  • トップはストレーナーにかぶせるふたである。

シェイカーに3つの部品を装着した状態は、ちょうど水筒に似ている。 使用方法は

  1. ボディに必要な材料、氷などを入れる
  2. ストレーナートップをかぶせる。
  3. トップがわが手前に来るように持つ。普通左手全体でボディを持ち、左手の親指でストレーナーを押さえ、右手親指でトップが外れないように注意しつつ右手全体はトップに添えるようにのせる。
  4. 材料を『ボディの底面にぶつけるように』シェイクする。通常は15回ほど、混ざりにくいもの(卵やクリーム)はそれ以上シェイクする。
  5. グラスに注ぐときは、ボディストレーナーを右手でおさえて、ストレーナーの注ぎ口から注ぐ。

なお、上記はあくまで一般的な使用の一例である。

その他[編集]

カクテルは必ずしもシェイクするものばかりでは無いが、バーテンダーのイメージとしてシェイカーが定着しているようである。これは薄暗いスタンドバーで物憂げな表情でバーテンダーがシャカシャカとシェイクをしているイメージが、戦後のカクテルブームの際に広まったためだと思われる。また、007シリーズにおける主人公ジェームズ・ボンドの台詞「ウォッカ・マティーニを。シェイクで、ステアでなく(Shaken, not stirred)」に見られるよう、カクテル愛好者のこだわりを象徴している。

関連項目[編集]