ドライフルーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドライフルーツの盛り合わせ

ドライフルーツ和製英語: dry + fruit英語: dried fruit)ないし干し果物(ほしくだもの)は、果実天日砂糖漬けなどで乾燥させ、保存性をもたせた食品である。

製造[編集]

天日に干したり砂糖で脱水させたりといった方法の他に、で揚げたり、近年ではフリーズドライなどの技術も利用される。

特徴[編集]

乾燥しているため、果実の甘味などの風味や各種栄養が凝縮されている他、干し柿のように生のままでは食べにくい果物を美味しく食べられるようにする加工技術もあるなど、食品加工の一形態にも位置付けられる。保存性を高めることで輸送し易くして、広い範囲に果物を流通させるためにも役立っている。

利用[編集]

20世紀に入ってからは食品加工技術も発達、また、食糧生産面でも様々な保存性も高い食品が工業単位で製造され販売されている中で、これらドライフルーツは菓子一般に比べ加工度が低く、自然食品ないし健康食品としての側面もあり、これを好む消費者も見られる。

これらは、収穫すると生のままでは傷み易く長期間とって置けない果物を保存するための古くからある方法であるが、保存食として用いられるほか、製菓材料として用いられることも多い

ドライフルーツに加工される果実[編集]

「果実 → 加工品」と記す。

関連項目[編集]