地中海食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

地中海食(ちちゅうかいしょく)とは、野菜豆類果物シリアルを多く摂取し、オリーブオイルからn-3系不飽和脂肪酸を多く摂取し、魚介類を多く、乳製品・獣肉や家禽類は少なめに、食事中に適量の赤ワインを摂取する食事である。

概要[編集]

イタリア料理スペイン料理ギリシア料理など地中海沿岸諸国の料理が相当する。

地中海沿岸諸国では、イギリスドイツ北欧などに比べて、狭心症心筋梗塞といった虚血性心疾患が少ないことから、食生活にその一因を求める考えがあった。

アメリカ合衆国ミネソタ大学のアンセル・キーズ博士を中心に、日本、アメリカ合衆国、フィンランドオランダイタリアユーゴスラビアギリシャの7カ国で食事の違いと虚血性心疾患の疫学研究を行った。これは「世界7カ国共同研究」と呼ばれた。[1]この研究により血清コレステロール値と心筋梗塞・冠動脈疾患死に関連があること、同程度の高脂肪食を食べても地中海沿岸諸国では冠動脈疾患が少ないことが判明した。
地中海食は低脂肪食に比べ、心血管疾患を抑制することも報告された。[2]
2014年には、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを摂取した地中海食で、有意に糖尿病発症が少ないと報告された。[3]

低炭水化物食との比較[編集]

低脂質食、低炭水化物食と地中海食で体重変化を比較したところ、地中海食と低炭水化物食は同程度の減量がみられ、これらは低脂質食よりも有意に有効であった。[4]短期的には低炭水化物食での体重減少幅が大きいがリバウンドがみられ、中長期的には地中海食と低炭水化物食には有意差が無かった。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.c-linkage.co.jp/7countries/index.html
  2. ^ Primary Prevention of Cardiovascular Disease with a Mediterranean Diet (PREDIMED Study), N Engl J Med 2013; 368:1279-1290.
  3. ^ Salas-Salvadó J et al. Prevention of diabetes with Mediterranean diets: A subgroup analysis of a randomized trial. Ann Intern Med 2014 Jan 7; 160:1. (http://dx.doi.org/10.7326/M13-1725)
  4. ^ Shai I et al. Weight Loss with a Low-Carbohydrate, Mediterranean, or Low-Fat Diet. N Engl J Med 2008; 359:229-241. (http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0708681)

関連項目[編集]