レーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーズン

レーズン(英語:raisin)は、天日により、もしくは熱風などの人工的手法で乾燥させたブドウの果実である。干し葡萄(ほしぶどう)とも呼ばれる。ドライフルーツの一種で、直接喫食されるほか、パン菓子だけでなく様々な料理に用いられる。

名称[編集]

語源は古フランス語から中英語への借用語に遡る。フランス語では raisin(レザン)あるいは通常複数形raisins(レザン)はブドウを意味し、レーズンのことは「乾燥したブドウ」を意味する raisin(s) sec(s)(レザン・セク)と呼ばれている。更に raisin(s)ラテン語で「1房のブドウ」を意味する racemus(ラケムス)を語源とする。

ブドウの種類によって、サルタナ (sultana) やカラント (currant) とも呼ばれる。

種類[編集]

レーズンは、原料のブドウによっていくつかの種類に分けられる。緑、黒、青、紫などのものがある。

レーズンの代表的な品種としてサルタナ(種無しトンプソン William Thompson とも言う)や「フレーム」(flame) がある。「ゴールデンレーズン」はサルタナを二酸化硫黄で処理し、火にかけて色づけして作る。

ギリシャイオニア諸島ザキントス産「ブラックコリント種」を日干しにしたものもあり、小さく、色が濃く、酸っぱく、ツンとした匂いがする。

イラン原産のグリーンレーズンのように、アジア原産で主に専門店でのみ扱われるものもある。中国産のものでは、新疆ウイグル自治区トルファン市のグリーンレーズンが有名である。

成分[編集]

レーズン
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 1,252 kJ (299 kcal)
炭水化物 79 g
- 糖分 59 g
- 食物繊維 4 g
脂肪 0.5 g
タンパク質 3 g
カルシウム 50 mg (5%)
鉄分 1.9 mg (15%)
カリウム 750 mg (16%)
塩分 11 mg (0%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

もともとブドウの実には水分が多いが、乾燥により15%程度にまで減らされ、成分が濃縮されている。重量のおよそ6割を果糖などの糖分が占めるため、大変甘い。長期間保管されると糖分が結晶化して、じゃりじゃりした食感になることがあるが、食べても問題は無い。この結晶化した糖分を元に戻すためには、ジュース、お湯に短い時間浸すだけでよい。

他のドライフルーツ同様、カリウム食物繊維が多い他、カルシウムをはじめとしたミネラル分を含む。原料がブドウであるため、酒石酸ポリフェノールも比較的多い。

利用[編集]

レーズンはそのまま食べる他、パン製菓材料、オートミールに混ぜるなどに利用される。代表的な物として、パン生地にレーズンを直接練りこんだ「ぶどうパン」があげられる。パイクッキーに加工されるものもある。サラダ等に加えられることもある。

レーズンをラム酒に浸したラムレーズンは独特の風味を持ち、アイスクリームケーキチョコレート等に利用される。バターに練り込んだものはレーズンバターと呼ばれ、酒(特に洋酒)のおつまみとされるほか、ビスケットなどに挟んで食される。

ストローワインと呼ばれるデザートワインの原料として使われる。

変わった利用方法としては、家庭でパン酵母培養にも利用される。

画像[編集]

関連項目[編集]