料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

料理(りょうり)とは、食品食材調味料などを組み合わせて加工を行うこと、およびそれを行ったものの総称である。

概要[編集]

食品や食材などの加工には加熱、発酵冷却撹拌など様々なものがある。この加工の過程は「調理」というが、区別されず「料理する」と呼ばれることもある。加工のうち、特に加熱されたものを「料理」とし、加熱されていないものを「」(なま)と呼んで対照する場合もある。

民族人種地域などにより、使用する食材・調味料などが大きく異なり、調理法にも差がある。同一民族内の階層によって異なる料理が存在する例もある。特に君主や貴族などがある場合、特殊な料理が発達する例が多く、それらは宮廷料理などと呼ばれる。

また、同じ食材でも多種多様な料理がある。それらは地域や民族による調理法や主食などとの関連、入手可能な調味料などの食材の差、気候との関連、あるいは宗教的等の制約によって異なる。

料理と類似するものに菓子があるが、多くの文化において料理とは別のものと考えられることが多い。主に食事として食べるためのものか、間食として食べるためのものかの違いによるが、例えば「お好み焼き」のように、意見が分かれているものもある。

主食とする食品についても、料理に入るかどうかは明確に判別されていない。

料理の方法[編集]

大きさの変更[編集]

大きいものを適当な大きさに切るのは料理の基本の一つであり、料理の過程の初めに行われる。食べる、あるいは取り上げるのに適当な大きさに切るのがよく行われる。ただしある程度大きい形になったものを調理し、食事の際に切る例もある。日本料理の刺身はほぼこの過程のみで作られ、その技術によって歯触りや味も異なるとされる。より細かく粉砕することもある。

穀物を粉砕する場合もあるが、これは多くの場合料理以前にまとめて行われる。これは「擂る」と言うが、これによってできた粉末は練って固めて塊やの形で用いられる。この加工過程も料理に含まれる。

加熱[編集]

多くの料理は加熱が行われる。加熱には寄生虫微生物を殺す殺菌の意味もある。加熱は火を使って行われるのが普通だが、直接に火にかけない例もある。以下のような方法がある。

  • 焼く:直接に火の熱を当てる。串に刺したり、網の上に置く。鉄板の上で焼く場合もあるが、炒めるのとの区別は難しい。
  • 炒める:加熱容器に少量の油を引いて加熱する。
  • 揚げる:容器に多量の油を入れ、それに食品を浸して加熱する。
  • 煮る茹でる炊く:容器に多量の水を入れ、その中で加熱する。
  • 蒸す:食品を直接、火にかけず、容器に入れてその内部の高温の空気や水蒸気で加熱する。

調味[編集]

味付けをすること。そのための素材を調味料という。食塩はほとんど必ず使われる。味付けは切る過程の後に行われ、それ以降順次追加される。調味料を加えるタイミングや順番は重要で、間違えると目指す味にならない場合がある。

料理一覧[編集]

形態別料理一覧[編集]

地域別料理一覧[編集]

アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

アフリカ[編集]

南北アメリカ[編集]

太平洋・オセアニア[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]