セージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セージ
Salvia officinalis0.jpg
セージ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: アキギリ属 Salvia
: セージ S. officinalis
学名
Salvia officinalis
和名
ヤクヨウサルビア(薬用サルビア)
英名
common sage
セージ
セージ(Spices, sage, ground)
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 1,317 kJ (315 kcal)
炭水化物 60.73 g
- 糖分 1.71 g
- 食物繊維 40.3 g
脂肪 12.75 g
- 飽和脂肪酸 7.03 g
- 一価不飽和脂肪酸 1.87 g
- 多価不飽和脂肪酸 1.76 g
タンパク質 10.63 g
水分 7.96 g
ビタミンA相当量 295 μg (33%)
- βカロテン 3485 μg (32%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 1895 μg
ビタミンB1 0.754 mg (58%)
ビタミンB2 0.336 mg (22%)
ビタミンB3 5.72 mg (38%)
ビタミンB6 2.69 mg (207%)
葉酸(ビタミンB9 274 μg (69%)
コリン 43.6 mg (9%)
ビタミンB12 0 μg (0%)
ビタミンC 32.4 mg (39%)
ビタミンD 0 IU (0%)
ビタミンE 7.48 mg (50%)
ビタミンK 1714.5 μg (1633%)
カルシウム 1652 mg (165%)
鉄分 28.12 mg (225%)
マグネシウム 428 mg (116%)
マンガン 3.133 mg (157%)
セレン 3.7 μg (5%)
リン 91 mg (13%)
カリウム 1070 mg (23%)
塩分 11 mg (0%)
亜鉛 4.7 mg (49%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

セージ(英:Common Sage、学名 Salvia officinalis)はシソ科アキギリ属多年草または常緑低木。和名はヤクヨウサルビア地中海原産。属名でも分かるとおりサルビアSalvia splendens)に近縁であり、sage の一般名自体、ラテン語の salvia が(フランス語 sauge を経て)転訛したものである。

広義には、セージもサルビアもアキギリ属全般を指す。また、アキギリ属を、サルビア属とも呼ぶ。

単にセージという場合は、こちらのセージ(英:Common Sage、学名 Salvia officinalis)のことをさすが、本来、英名のセージ(Sage)は、サルビア属全体のことをさすため、大変多くの種類がある。それらと区別するため、コモン・セージ、あるいは別名ガーデン・セージとも呼ぶ。

概要[編集]

高さ50 - 70cmほど。5 - 7月ごろに紫または白色の唇状花を咲かせる。長楕円形で柄のある葉は対生し、表面に細かい縮れがあるのが特徴。茎は成長するに従って根本から木質化する。株全体に独特の香りがある。

葉の色が異なったり斑が入ったりする園芸品種も存在する。

利用法[編集]

1551年に、ドイツの薬草家が、「セージは医者、料理人にも、台所、地下室の場所も、貧富も問わず役に立つハーブである」という言葉を残している。また、古いアラビアのことわざには、「庭にセージを植えているものが、どうして死ぬことができようか」とあるように、古くから薬効に富む薬草として有名である。また、料理、装飾にも適している。薬効としては、特に殺菌力、消化促進、解熱、浄血作用に優れている。また、抗酸化作用が強く、ヨーロッパなどでは古代ローマ時代より免疫を助ける薬草として使われていた。また、紅茶が持ち込まれる以前は、鎮静作用を持つお茶として使われていた。

料理としては、葉を乾燥してハーブティーとして飲用したり、肉の臭み消しに利用する。あるいはソーセージや加工食品の香辛料としても使用されている。特に、ドイツ料理イタリア料理には欠かせないハーブとなっている。また、豚肉と良く合わせられており、ソーセージの語源となったという民間語源説もある。

観賞用としても栽培され、その品種も多い。また、花にはミツバチが好んで集まることから、セージからとれる蜂蜜が、セルビアモンテネグロでは主な輸出品のひとつとなっている。[1]

コモン・セージの変種[編集]

セージ(英:Common Sage、学名 Salvia officinalis)の変種、類似品種には、花や葉の色などから名付けられた多くの種類がある。

パープルセージ(Salvia officinalis 'Purpurascens')

ゴールデンセージ(Salvia officinalis 'Icterina')

トリカラーセージ(Salvia officinalis 'Tricolor')

クラリーセージ(Salvia sclarea)

チェリーセージ(Salvia greggii)

パイナップルセージ(Salvia elegans)

フルーツセージ(Salvia dorisiana)

ペインテッドセージ(Salvia viridis)

ラベンダーセージ(Salvia indigo spirer)

栽培方法[編集]

種や苗で育てる。種は発芽率が低いので、1袋から4~5本、まともに成長するのは1~2本と思った方が良い。ただ、一度成長を始めるとほぼ放置していても勝手に育つ。

1年目は草のようだが、秋には根元から木のように変化する。幹はか細いので他の草木にもたれ気味。ただ、柔軟なため折れにくい。雪国では雪に押し倒され埋まってしまう。

3年目には枝が不恰好に伸び出すので、冬か春、葉が無い時に剪定したものを5cmくらいの深さで挿し木すると簡単に増やせる。種よりは確実である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハーブの事典 北野佐久子 東京堂出版

外部リンク[編集]