スカボロー・フェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカボロー・フェアの1番の歌詞と楽譜

スカボロー・フェア(スカーバラの市)Scarborough Fair)は英国の伝統的バラードである。この歌の舞台は中世末期まで遡るが、当時ヨークシャー地方(現 ノース・ヨークシャー州)の北海沿岸のスカーバラは英国中の商人の重要な交易拠点だった。そこには道化師手品師が集い、8月15日には45日間の巨大な長期間の市が始まる。これがタイトルになっている Scarborough Fair (スカーバラの市)である。市の期間中は、英国中や大陸からも人々が交易のためにスカーバラへ集まった。

この歌は1617世紀に、『エルフィンナイト』 (チャイルド・バラッド No. 2)という古いバラードを作り変えたものであると言われている。吟遊詩人が町から町へ歌を伝え歩くに従って変化し、何十もの詩が出来上がったが、一般化して歌われたものは少なかった。サイモン&ガーファンクルによって有名になった編曲は19世紀末に生まれたものである。

この歌は恋人に捨てられた若い男が、冗談げに彼女に縫い目なしで彼のシャツを縫ったり、それを乾いた井戸で洗うような一連の不可能な仕事を成し遂げれば、彼女を取り戻すだろうと聞き手に言う話をしている。しばしばデュエットで歌われ、男性が一旦歌い終わった後女性が恋人へ同様にできない仕事を成し遂げられれば縫い目の無いシャツを与えることを約束する。

歌詞[編集]

以下はデュエット向けの歌詞である:

歌詞
BOTH

Are you going to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me to one who lives there,
For she once was a true love of mine.

MAN

Tell her to make me a cambric shirt,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Without no seam nor fine needlework,
And then she'll be a true love of mine.

Tell her to wash it in yonder dry well,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Which never sprung water nor rain ever fell,
And then she'll be a true love of mine.

Tell her to dry it on yonder thorn,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Which never bore blossom since Adam was born,
And then she'll be a true love of mine.

Ask her to do me this courtesy,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And ask for a like favour from me,
And then she'll be a true love of mine.

BOTH

Have you been to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me from one who lives there,
For he once was a true love of mine.

WOMAN

Ask him to find me an acre of land,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Between the salt water and the sea-sand,
For then he'll be a true love of mine.

Ask him to plough it with a sheep's horn,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And sow it all over with one peppercorn,
For then he'll be a true love of mine.

Ask him to reap it with a sickle of leather,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And gather it up with a rope made of heather,
For then he'll be a true love of mine.

When he has done and finished his work,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Ask him to come for his cambric shirt,
For then he'll be a true love of mine.

BOTH

If you say that you can't, then I shall reply,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Oh, Let me know that at least you will try,
Or you'll never be a true love of mine.

両方

スカーバラの市へ行くのかい?
パセリセージローズマリータイム
そこに住むある人によろしく言ってくれ、
彼女はかつての恋人だったから。

カンブリックのシャツを作れと伝えてくれ、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
縫い目も細かい針仕事もなしで、
そうしたら彼女は私の恋人。

あの涸れた井戸でそれを洗えと伝えてくれ、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
そこは水も湧かなければ雨も降った事もない、
そうしたら彼女は私の恋人。

そこのイバラでそれを乾かせと伝えてくれ、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
それにはアダムが生まれて以来花が咲いた事がない、
そうしたら彼女は私の恋人。

この親切をしてくれるように頼んでくれ、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
そして私に同じような願い事をするように、
そうしたら彼女は私の恋人。

両方

スカーバラの市へ行くのかい?
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
そこに住むある人によろしく言って、
彼はかつての恋人だったから。

1エーカーの土地を見つけるよう言って、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
塩水と海砂の間のを、
そうしたら彼は私の恋人。

羊の角でそこを耕すよう言って、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
それから一面コショウの実を蒔けと、
そうしたら彼は私の恋人。

革のでそれを刈るよう言って、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
それからヒースのロープでまとめろと、
そうしたら彼は私の恋人。

彼がそれをやってできたのなら、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
カンブリックのシャツを取りに来るよう言って、
そのとき彼が恋人になるから。

両方

できないと言うのなら、私はこう答える、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
ああ、せめてやってみると知らせてくれ、
でなければあなたは決して恋人ではない。

解釈[編集]

"parsley, sage, rosemary and thyme"の繰り返し句は現代人にはよく理解できないが、象徴的意味に満ちている。パセリは今日まで消化の助けになり、苦味を消すと言われており、そして中世の医者はこれを霊的な意味としても捉えた。 セージは何千年もの耐久力の象徴として知られている。ローズマリーは貞節、愛、思い出を表し、現在でも英国や他のヨーロッパの国々では花嫁の髪にローズマリーの小枝を挿す慣習がある。 タイムは度胸の象徴であり、歌が書かれた時代、騎士達は戦いに赴く際ににタイムの像を付けた。 歌での話し手は、4種のハーブに言及することで、二人の間の苦味を取り除く温和さ、互いの隔たった時間を辛抱強く待つ強さ、孤独の間彼を待つ貞節、出来ない仕事を果たす矛盾した度胸を具えた真の恋人、そして彼女がそれらをできた時に彼の元に戻ってくることを望んでいる。

また、一説にはスカーバラの市には処刑台があり、そこから魔除けの効果があるとされるこれらの香草が歌に織り込まれたともされる。

他の引用[編集]

  • エリック・ガルシアの小説『さらば愛しき鉤爪』(原題:Anonymous Rex)で進化した恐竜が普通の人間のスパイスに中毒して、「スカボロー・フェア」をとても素晴らしい麻薬の歌だと言った。
  • 国安修二の楽曲『ねぇ』の歌詞(作詞:田口俊)で「スカボロー・フェア」の語句をフレーズに入れている。
  • ラチエン・ボーイ・クラブの楽曲『この星の上で』(作詞:宮手健雄)では、1番と3番が英語原詩の引用、2番が日本語の意訳と独自のテーマをおりまぜた内容になっている。「子供服ファニィCFソング

サイモン&ガーファンクル版[編集]

3枚目のアルバム『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』に「スカボロー・フェア/詠唱」として収録されている。戦争により悪霊(エルフ)と化した少年が旅人に話しかけるのに対し、旅人は魔除けの言葉(パセリ、セージ、ローズマリーにタイム)を唱える。詠唱の部分の歌詞はポール・サイモン作詞作曲の「サイド・オブ・ア・ヒル」のものを流用していると思われる。「詠唱」を絡めることで、反戦的な意味合いを持たせており、ベトナム反戦運動が盛んだった時代らしいものになっている。

サイモン&ガーファンクルによる「スカボロー・フェア」のアレンジ・ヴァージョンは、1967年のダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』の挿入歌として用いられ、世界的に有名になった。

外部リンク[編集]