シロガラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロガラシ
Sinapis alba - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-265.jpg
シロガラシの図譜
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: シロガラシ属 Sinapis
: シロガラシ alba
学名
Sinapis alba L.
シノニム

Brassica alba, B. hirta

和名
シロガラシ
英名
white mustard, yellow mustard

シロガラシ英語: white mustard)は、アブラナ科シロガラシ属一年生植物種子マスタードの原料とするほか、野菜ないしはハーブとしても利用される。地中海沿岸原産で荒れ地などに自生している野草だが、現在では帰化植物として世界的に分布している。

名称[編集]

名前は種子がクロガラシに対し白っぽいことから。また、葉の形からキクガラシ、キクバガラシとも。アメリカカラシナは北米で最も一般的なマスタードである、イエローマスタードの原料として栽培されていることから。属名は、ラテン語でカラシの種の意味。

白芥子[編集]

種子(白芥子)

シロガラシの種子は白芥子(ハクガイシ)と呼ばれ、他のカラシ種子と同様に、健胃、去痰、鎮咳の漢方薬として用いられる。

グルコノシレートの一種であるシナルビンが含まれ、これが辛みを感じさせる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]