フウチョウソウ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フウチョウソウ目
Cleome speciosa3.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: フウチョウソウ目 Capparales
学名
Capparaceae
Hutch. (1924)

本文参照

フウチョウソウ目(フウチョウソウもく、Capparales)は双子葉植物の分類群でフウチョウソウ科タイプ科とするもの。アブラナ科フウチョウソウ科などを含むが、内容は分類体系によって異なる。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系の分類におけるフウチョウソウ目は以下の科を含む:

なお、新エングラー体系ではこれらをケシ目に含めているが、現在ではケシ科とは縁が遠い(形態的にはやや似ているが)ことがわかっている。

APG植物分類体系のアブラナ目[編集]

APG植物分類体系では、これに他の科を加えてアブラナ目 (Brassicales) と称している。これは以下の通り:

アブラナ科とフウチョウソウ科は近縁で、詳細な系統関係はまだ明らかになっていない(アブラナ科はフウチョウソウ科の中の1系統であるかもしれない)ため、ここでは暫定的にアブラナ科としてまとめている。

フウチョウソウ科、アブラナ科、ワサビノキ科や、新たに加えられたパパイア科、ノウゼンハレン科などは、カラシ油配糖体ワサビカラシの辛味成分イソチオシアン酸アリルのもとになる)を含む。これ以外にもカラシ油配糖体を含む植物はわずかにあるものの、ほぼアブラナ目の特徴といってよい。