カレー粉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレー粉
カレー粉

カレー粉(カレーこ)は、カレー料理を作る際に使うミックススパイス(混合された調味料)の一種。

起源[編集]

18世紀イギリスにおいて、クロス・アンド・ブラックウェル社が開発し商品化したものである。同社は貴族のパーティーなどで料理の下請けをしていたが、植民地インドの料理を紹介するとき、省力化のため、あらかじめ多種のスパイスを調合した「混合スパイス」を使用した。これを「C&Bカレーパウダー」と名付けて一般向けに販売したところ大好評となり、イギリスの家庭料理のひとつに「カレー」が加えられるに至った。 1810年にはオックスフォード英語辞典に「カレーパウダー」の語が登場している[1]。このイギリス式のカレーは、日本に伝わり国民食といわれるほどの人気食となった。カレー粉は現在、ヨーロッパアジア、南北アメリカ州等、世界各地でも使われている。

材料[編集]

現在複数のメーカーが、独自のブレンドによるカレー粉を発売している[2]

C&B社はカレー粉の製造方法を明らかにしていないが、これら複数のスパイスを焙煎し、粉末にし、混合することによりカレー粉を製造したと考えられる。

自作カレー粉の例[編集]

メーカー製のカレー粉は、多くの人になじみやすいように、くせのないブレンドで作られている。また香りの鮮度という点でもあまり優れているとはいえない。これに飽き足らなくなったら、自分でホールスパイスを挽き、好みのブレンドで、より風味の強いカレー粉を作ることも可能である。以下は自作カレー粉のブレンドの例である[3]

  • クミン 7g
  • コリアンダー 6g
  • シナモン 3g
  • カルダモン 3g
  • フェンネル 3g
  • フェヌグリーク 2g
  • クローブ 1g
  • ブラックペッパー 1g
  • ターメリック(ウコン) 10g
  • カイエンペッパー 2g
  • ナツメグ 1g
  • タイム 1g
  • ローリエ(ベイリーフ) 1g
  • パプリカ 1g

各地のカレー粉[編集]

インドのスーパーマーケットにはイギリスから逆輸入されたカレー粉が並んでいる。カレー粉の消費量は世界第1位(世界第2位は日本)という。カレー粉の原型になったのはインドの「マサラ」であるともされるが、それぞれの料理人・家庭の主婦が、好みや、店・家の伝統、料理する素材の相性において、それぞれ独自の配合で混合するものである。したがって既に調合されたスパイスミックスであるカレー粉は、マサラとは別物とみなされる。一方でカレー粉の影響で、元来のインドのマサラにおいても、既に調合されたものが市販されるようになった。これらはあくまでも簡易的な調味料と認識されており、伝統的なインド料理においては利用されない。

カレー粉は、日本ではかつてカレー料理の調理において必須の材料であったが、1960年代から即席カレールウが普及するとともに販売量が激減した。ただし混合調味料としての使い勝手から、今でもロングセラー商品の一つである[4]

タイ料理ゲーンは「タイカレー」と呼ばれる事が多い料理であるが、インドのいわゆるカレーとは関係無い料理であり、唐辛子レモングラスショウガ科の植物などを混合した「ゲーンペースト」と呼ばれる混合調味料を使用する。ただし現在では、カレー粉を味付けに用いたゲーン(ゲーン・ガリー)のレシピも存在する。

フランスにおいても、19世紀の薬剤師ゴスが「カリ・ゴス」(kari gosse)と名づけた混合調味料を開発、フランス各地のレストランに提供していた歴史がある。全盛期の1930年代にはベルギーモロッコにも輸出されたが、第二次世界大戦中に工場のあるブルターニュは焦土と化し、今はごく小規模な工場から各レストランに送られるのみとなっている[5]

ドイツにおいては、カレー粉とケチャップを焼いたソーセージにかけたカレー・ヴルストという料理が、人気の軽食となっている。

日本における歴史[編集]

日本では、「C&B」の製品が使われていたが、後に比較的安い国産品が登場した。これらの国産カレー粉は、その後の日本において、カレー文化を発展させる原動力になった。太平洋戦争大東亜戦争)中はカレー粉の原料となるスパイスも物資統制の対象となり、戦後もしばらくは原料不足が続いた。スパイスが輸入再開となった1950年にはエスビー食品から「赤缶カレー粉」が発売される。この赤缶カレー粉は2009年現在で日本国内のカレー粉全体の売り上げの8割を占めている。

国産品の起源説は複数あり、定かではない。

  • エスビー食品1923年に同社の前身(日賀志屋)が製造したものが、「C&B」の製品に対抗できる初めての国産カレー粉とされる[4]
  • 1905年大和屋が製造・販売したともされる[6]。薬種問屋を営んでいた今村弥兵衛がある日、漢方薬の匂いがカレー粉に似ていることに気付き調合したのが始まりとされている。。

それまで「C&B」のカレー粉を使っていた洋食店は、味が変わることを恐れ、なかなか国産のものに切り替えなかった。国産カレー粉普及のきっかけとなったのは1931年に起きた輸入品偽造事件で[7]、これによりかえって国産品の人気が高まった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森枝卓士『カレーライスと日本人』(講談社新書) 講談社、1989年7月 ISBN 4061489372
  2. ^ 水野仁輔『カレーの法則』 NHK出版、2006年7月、ISBN 978-4140332399、p15
  3. ^ 水野仁輔『カレーの法則』 NHK出版、2006年7月、ISBN 978-4140332399、p15
  4. ^ a b ニッポン・ロングセラー考 Vol.90 赤缶カレー粉” (日本語). COMZINE. NTTコムウェア (2010年10月24日). 2010年12月3日閲覧。
  5. ^ ブルターニュとカレー辻調グループ・とっておきのヨーロッパだより
  6. ^ 元祖カレーメーカーの歩み” (日本語). これまでの歴史. ハチ食品. 2010年12月3日閲覧。
  7. ^ カレーの日本史 大正・昭和初期” (日本語). カレーを知る. ハウス食品. pp. 世界に広がるカレー. 2010年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

エスビー食品 赤缶カレー粉