レモンバーベナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レモンバーベナ
Aloysia triphylla1.jpg
レモンバーベナ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: クマツヅラ科 Verbenaceae
: コウスイボク属 Aloysia [1]
: コウスイボク A. citrodora
学名
Aloysia citrodora
和名
コウスイボク、ボウシュウボク

レモンバーベナ (Aloysia citrodora[2]) はクマツヅラ科の落葉低木(シノニムAloysia triphylla)。和名は、コウスイボク(香水木)、ボウシュウボク(防臭木)。

特徴[編集]

アルゼンチンチリペルー原産。17世紀にスペインによってヨーロッパにもたらされた。

高さ1-3mに成長し、葉は強いレモンの香りを放つ。豊富な日光、多量の水、さらっとしたロームの土壌を好み、寒さに敏感である。葉はライトグリーンでメスの形をしている。8-9月に薄紫色もしくは白色の小さな花をつける。

レモンバーベナの葉は魚や鳥肉料理、野菜のマリネサラダドレッシングジャムプリン、飲料にレモンの風味を加えるのに使われる。また、ハーブティーシャーベットにも使われる。

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  2. ^ Armada J. & A. Barra. 1992. On Aloysia Palau (Verbenaceae). Taxon 41:88–90.