ローム (土壌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sandy loam.JPG

ローム: loam: Lehm)とは土壌区分の一つ。粘性質の高い土壌であり、シルトおよび粘土の含有割合が25~40%程度のものを指す。ロームで構成された地層ローム層という。日本では火山起源の関東ロームが著名だが、ローム定義は、土壌中の粒径組成比率のみであり、火山起源物質であるかどうかは関係ない。

関東ローム[編集]

関東ロームは、関東地方西縁の富士山箱根山愛鷹山などの諸火山、北縁の浅間山榛名山赤城山男体山などの諸火山から関東平野に降下した更新世中期以降の火山砕屑物やその風成二次堆積物の総称である[1]。1881年にダーフィト・ブラウンスが成因不明のまま命名した[1]

風成二次堆積物とは火山周辺に堆積した火山砕屑物(火山灰など)が、風雨などによって再度運ばれて周辺に堆積したもので、関東ロームの場合は風で舞い上がって降下したものである。端的に述べると露出した土壌から飛散したホコリである[2]。したがって、火山が噴火していないときにも降下物が供給される限りロームは堆積し続けており[3]、関東ロームは毎年0.1 - 0.2mm[4]、100年で1cm - 2cm、1万年で1m近く積もる[2]。火山灰起源の場合、粒径が3mm以下であれば風化作用を受けやすく、関東ロームではほとんどが粘土化している。関東ロームはその色から赤土とも呼ばれるがこれは含有する鉄分が風化により酸化した[5]もので、酸化があまり進んでいない最近1万年分は黒色をしておりこれは黒ボク土と呼ばれる[2]。また水中に堆積すると灰色を呈し、そこが古くは水面があった目安となることがある。

関東ロームの研究は、関東ローム団研グループ(関東ローム研究グループとも)が、1953年以来研究を行い、初めて地質学的な解明を行い日本の第四紀研究の先駆けとなった。その研究結果は1965年の『関東ローム』にまとめられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 出典 : 『新版 地学事典』平凡社 1996年、288頁
  2. ^ a b c 出典 : 火山学者 早川由紀夫の火山ブログ『関東ロームは富士山の噴火堆積物ではない』2010/09/16、2013年2月閲覧
  3. ^ 出典 : 群馬大学教育学部早川由紀夫研究室 6章:過去の火山噴火を調べる、2013年2月閲覧
  4. ^ 柏市教育委員会
  5. ^ 羽鳥謙三『第四紀の日本列島 -関東ローム層と関東平野』
[ヘルプ]

関連項目[編集]